炭火焼鳥 大福


170724-1.jpg

犬OKの焼鳥屋、「炭火焼鳥 大福」をいつの日かオープンするべく日々精進している中で、自家製タレを作ってみた。これが焼いたねぎまを付けることで、かなり美味しく育ってきた。そうなると、当然「あれ」を試したくなる。

170724-2.jpg

そう、これこれ。焼鳥屋のシメで頼むやつ。器は、やっぱりこの蓋付きのプラスチックのやつがいい。これを探し求めて、わざわざ「プロ仕様」の店まで行ったという。やっぱり雰囲気は大切だからね。土鍋で炊いたご飯のうえに、タレをたっぷり付けて焼いたねぎま盛り付け、卵黄を乗せたら出来上がり。

170724-3.jpg

でん、ねぎま丼。初挑戦にしては美味しく出来たが、米の炊き方、鶏肉の大きさ、刻みノリを忘れる、などなど改善点も多々見つかった。次回は、それらを修正し、もっと美味しい「炭火焼鳥 大福 特製ねぎま丼」を目指したいと思う。

170724-4.jpg

あ、大福は今日も元気です。













<お知らせ>
『犬のはなし』も更新されております。
八ヶ岳に土地を〜その3


あと、デロリアンズ通信Vol.259を配信しました。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  Another Daysの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

meg

焼き鳥食べたい食べたい食べたい食べたい〜〜!

たまちゃん

No title
最愛の飼い主に会うために転生を繰り返す犬の【犬生】を描いた映画の予告です

『僕のワンダフル・ライフ』
9月29日公開だそうです。
絶対に観る。
号泣するけど。多分いや絶対。

haru *

きっと
買うんやろうなぁ~と思いました。
勘だよりの人間はピン‼ときたらお仕舞い~
奥様はなんと?(笑)

平谷妙子

No title
なんにでも、チャレンジする穴澤さんに勇気をもらいました。
ありがとう。

ダンシングオールナイト

No title
我家は抜き差しならぬ事情があり焼き鳥は串を抜いてもらい焼き鳥屋さんから買ってきます。が、目の前にポンッと出された焼き鳥を食べるのがやはり一番すよね~。注文するあの間(ま)が、大人的でまたよろし^^

仙台のおばちゃん、わたなべです。

No title
・・・・父ちゃんさん
八ヶ岳って見たらあるわんこさんを思い出しました。
以前よくブログ見ていたチワワさんです。
おじいさんチワワで、彼も八ヶ岳に居たんですよね。亡くなってしまったとありました・・

大福くん達。いいな・・いいなあ。。お山で走れるね。

そして、あ!!兄ちゃんの、ソファ!!
健在なんですね。
なんかチワワさんのことと、デビルマン兄ちゃんのことと・・しんみり

多美です!

へい、らっしゃい!
せっかくだから、釣った魚も一緒のメニューで、炭火焼き鳥 大福+たまに太公望 なんて如何でしょう。 う~ん、今、特性ねぎま丼を想像して、パブロフの犬状態です~☆

ちゃま

行きたい!
行きたい!大福コンビをモフりながら焼き鳥食べて呑めるなんてシアワセすぎる!

炭火焼き
炭火焼き 大福 いいですね♪

行きたい!




屋号

もうひとこえして

『炭火焼き 大福丸』ってのは いかがでしょ?
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2019年11月号 Vol.112

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク