表情と頭脳


161111-1.jpg

大吉とタヌ吉のバトルを撮影していると、馬鹿っぽい顔をしたタヌ吉のショットが撮れる確率が高い。

161111-2.jpg

意図的にそういう写真をピックアップしているわけではなく、大吉は戦っているときもそんなに変な顔はしていないのだが、タヌ吉は馬鹿丸出しの顔をしている瞬間が多いからだろう。

161111-3.jpg

それに大吉は一度会ったことのある人は覚えていて歓迎するが、タヌ吉は何度も会っている友人が家に来る度に「誰だおまえ!」という感じでワンワン吠える。そしてしばらくしたら「あ、オレ、この人知ってるかも」と近寄っていく。

161111-4.jpg

馬鹿なんだろうか。












<お知らせ>
長らくお待たせしましたが、『デロリアンズ☓竹脇麻衣コラボトート』がまもなく入荷となります。来週前半には『一周年記念マグカップ』の第二弾と同時に販売を開始する予定です。詳細はまたいち早く「デロリアンズ通信」でお知らせしますね。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  Another Daysの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

はるママ

No title
ふふふ^_^
大ちゃんは以前人間もやってた時があったんでしょうね。福ちゃんは人間経験がないのかもしれないですね♪

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

はるぴち。

タヌ吉くんはバカじゃないですよ---!!!!(-ε- )タヌ吉くんは表情豊かなうっかりさんなだけですよ!!たぶん……

犬飼い見習い

そんなこと言っちゃって
穴澤さんの福ちゃんへの愛情ダダ漏れだから(笑)。

LunCae

物は言い様です!
大ちゃんは、ポーカーフェイス。
福ちゃんは、表情豊か!馬鹿面とか言わないでね(^_-)

りんこ姉はモモのママ

No title
うちの先代も一度会った人も犬もきちんと覚えていましたが、モモ(今の子)は…(笑)
福ちゃんと同じで途中で思い出すところをみれば、忘れていないんだろうけど…ってとこですよね。
やっぱうちのモモもバカなんでしょうか(笑)

さぶれ

No title
そうです。福ちゃんは顔にすぐ出ちゃうタイプっつうか。わかるな~、自分がそうなんで^^。大ちゃんみたいなひ、と、になりたいと思うけどなれないのよ、これが。

うさこ

父ちゃん!
最後の捨てゼリフ、いつも笑ってしまいます。
私はおっぺけ福ちゃんが大好きです!
大ちゃんは、その冷静さと端整な顔だちから、たまにディーンフジオカに見えるんですけど。
大ちゃんに見つめられたら、ドギマギしてきっと目をそらしてしまうわ。

AutumnWinds

No title
多分、大吉ッちゃん相手では福ちゃんにまだ余裕がないのでは?そして大吉ッちゃんにはまだまだ余裕有り。
人の物覚えは…人間でも覚えられないから大丈夫!

ゆげ

No title
福ちゃん、面白い(笑)
見てて飽きませんね。
2枚目の写真の大吉くんが、
「ちょ、おま、いくらなんでもその顔…」(困惑)
と思ってるように見えます(笑)

多美です!

侮れませんぞ☆
何度も会っている人に吠えるふりをして、案外相手の出方を探っているのかも。 侮れませんぞ、福ちゃんは策略家かもしれませんよ~。 ☆☆☆次回のマグカップ、またも壮絶な争奪戦になりそう…。 あの~、私2個欲しいんですが、図々しいかしら?

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぴぴ

バカな子ほどかわいいってばぁ!
いっしょうけんめいな ひゃくじゅうの おうが だいすきです って フクモフさんに お伝えください

れっど

愛おしいなぁ
うちも生後三ヶ月でうちに来た保護犬を飼っていましたが、福ちゃんを見ると思い出します。
元来の性格なのか生い立ちせいなのか、突っ込みどころ満載でした。5年前に16歳で亡くなりましたが、怖がりでお調子者で人一倍寂しがり屋な可愛い奴でした。
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク