ストーンズの新譜?


160526-1.jpg

少し前にアマゾンで予約して、楽しみにしていたものが届いた。それがこれ。ストーンズの『トータリー・ストリップド』。1995年に行われた「ヴードゥー・ラウンジ・ツアー」の合間に行われたレコーディングや小規模ライブのもようを収めたドキュメンタリー作品(DVD+CD)。これを待っていたのだよ。

160526-2.jpg

1995年といえば、今から21年前。なぜ今頃になってリリースしたのかは知らないが、当時はまだ24歳の好青年だった私も、来日公演は新幹線に乗って東京ドームまで観に行ったもんです(当時は大阪在住だったので)。ただ、今回の映像はアコースティックセットでのレコーディングや、小規模会場(ストーンズにとって)のライブなので、ツアーとは別物になっている。どちらかといえば、95年リリースの「STRIPPED」の映像版といった方がいいかもしれない。このアルバムも地味だけど、好きでよく聴いたんだよなぁ。

160526-3.jpg

早速観てみたが、冒頭のレコーディングシーン(なんと東京のスタジオ!)からめっちゃかっこいい。スタジオにストーンズの面子が揃って一発録り(歌も演奏もぶっつけ本番ということね)している姿も新鮮だが、合間にキースとミックがちょろっと会話したりするのを見て「しゃべってる!」と妙に感激したり。ライブの方も、ストーンズにしては珍しく狭いステージで演奏していたり、舞台裏が見れたりして、とても新鮮だった。ただ、21年前でもまぁまぁジジイなのに、今もまだ現役でやってるってすごいなと改めて思ったのだった。そんなわけで、周りにストーンズファンのおっさんがいたら、ぜひおすすめしてあげてください。

160526-4.jpg

ところでそこのあなた、途中で読むのやめたでしょ。









<お知らせ>
デロリアンズ通信Vol.87を配信しました。





この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  Another Daysの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

おたんこナース

No title
はい!

おっチョコ

ちゃんと
読んだよ!
好青年から好々爺へ移行中ですね♪

よしよし

No title
ちゃんと、最後まで読んだでぇ!

大福のだんだん興味が薄れていく姿が何とも言えない(T_T)/~~~

ラブのママン

No title
違いますよ
間を飛ばして読んだだけです。
とりあえずおやつちょうだい!(大吉君より)

カフェ母

No title
はい( ̄Λ ̄)ゞ!

りこちゃん

あっ!やっぱり分かりました?😜

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

semicircle

No title
ちゃんと活字は目で追いましたので、最後まで読んだと思います。

みきのすけ

読むのやめたのなんでばれたんだろう(笑)

Keiko

くわしくはないけど
はるか昔 バンドやるんやーと息巻いたワタクシ。
ストーンズはベガーズバンケットを買って、友人と”ありゃ略せませんって書いてある”と驚いた思い出が。
いい歳して未だに メタルやロックで高揚いたします。
福ちゃんの悪げなお顔が笑えます。

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

No title
最後のひとことになんでばれちゃったんだろうとおもいました。背景に目がいってしまうのは可愛いからしかたないです。

-

はい❗一行飛ばしに読んで理解したつもり~とにかく良かっね❗父ちゃん❗

茶子と銀次

途中で読まれなくなった理由。
大吉兄さんは、ご自分のことを「おっさん」だと思っていなくて、それで、鼻先に出されたDVDを自分には関係のないものだなと判断したのでしょうか。
とても結構なことです^皿^
真に名作であれば「おっさん」でなくてもわかりますよね、大吉君と福助君^^

マサ

あ!バレました?
デロピックはInstagramなどに出しても大丈夫でしょうか?(^-^)

犬飼い見習い

てへっ
途中から読むの面倒になりました。
あ、でも、一応読みましたよ。

うりまま

うへー。
なんで、わかったんですか?
ごめんなさい!

meg

ドキッ。

アラレのとーちゃん

ストーンズ?
決して嫌いな訳ではないのだが…
ツェッペリンやブラックサバス聞いてたな〰。なんでだろ?

多美です!

3番目の福ちゃん(写真)に、大泣き
父ちゃんったら、またファンにしかわからないこと書いて~って読んでいたら、3番目の写真に目が釘付けになりました。 写真の福ちゃんが、4年前に看取った愛犬にそっくりなんです。 普段拝見している末っ子福ちゃんとは違う、まさに、あの子そのものなんです。 もし、福ちゃんが直ぐ傍にいたら、タックルして家に連れ帰っちゃうかも。 

コッコ

バレた〜〜Σ(- -;;ノ)ノ

Keith

No title
バレちゃあ~しょうがない。
一行飛ばしに読んだのが…

なおみ

気がつくと読まずにスクロールしてました😅

ちよ

No title
みなさんのコメントを読んで、自分が数行しか読まず、最後の行も飛ばしていたのに気が付きました・・・。

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

デカポメコポメ

No title
わ!!エスパーw
2行目で読むの止めて写真に集中しました(^o^)

うさこ

最初はしっかり読んでいたんですよう。

Atsuko

No title
とうちゃん、ナイスな情報(この言い回し、今や死語)、ありがとう。
私はもったいぶって、この情報をツレに教えるのであります。
最近、とんと感謝というものを忘れているツレからの「ありがたオーラ」を受け、にんまり微笑むわたし。妄想がとまらない…。

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

canmama

そのとおり!
あはは、、
そのとおり!
何で分かったんだろう、、。

好きです。。

アデルの主

No title
少し前に・・からもう画像だけ見て楽しんでいたことを許してください。。
( ̄∇ ̄*)

とっこ

あははは〜
なんで斜め読みしたのがバレちゃったのかな…(;^_^A

ウエッコ

ストーンズファンの本人(おばはんですが)としては、食いつきましたよ。ストーンズの「SHINE A LIGHT 」が好きなので、ぜひ欲しくなりました。私は、2014年の東京ドームに行きました。

ごんごん

え~
読みましたよ。でも内容がさっぱり頭に入りませんでしたよ。

読んだよv

コスケ

日経MJに、大ちゃん福ちゃんが!新製品欄のデロリアンズレインコートの記事拝見しました。朝からほっこりさせていただきました!

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

とっこ

あははは〜
なんで斜め読みしたのがバレちゃったのかな…さすが!父ちゃん(;^_^A

Hascap

音楽って人間だけのもの?
難しすぎる事だから?ん〜そですね。
意味がわからなく字面を追うだけになりましたよ。専門的すぎー(笑)
でも、昔私もバンドをしていた事が一瞬だけありましたよ。パートはキーボードでしたけどね。
なんとアイアンメイデンとか…知りませんね。ギターで言うと、ゲイリームーアの音色が好きでした(~_~;)知りませんね。懐かしいなぁ。もう無縁ですけど。

ところで犬は音楽ってどう理解してるんでしょうね、、車の音のような感じなんでしょうか。優しい音を聞くと穏やかな気持ちになったりするのでしょうかね〜。クラッシックは………、赤ちゃんじゃありませんものね。。

ikura

No title
ギョッ!!
なんでわかったん??

画像はしっかりみました♪

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

伸子

正解です! 途中で読むのやめました!💤

yoko

あれ?
何回読んでも途中までしか読めない・・・。
脳に入ってこないんやね。
ふっしぎ~。

with

バレましたか(笑)
写真を視て文章スル~して何気に最後の文章みて、ゲッ!Σ(・ω・;|||って思った(笑)
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク