ソファーとの別れ


160113-1.jpg

福ちゃんが2歳になったその日に、ひとつの別れがあった。だましだまし長年使ってきたこのソファーだが、左側の背もたれが沈んで戻らなくなったのでいよいよ捨てることにしたら、粗大ゴミの回収がたまたまその日だったのだ。

160113-2.jpg

めちゃめちゃに破壊してくれた犯人と最後に記念撮影。わかっているのかどうなのか、どこかバツの悪そうなタヌキくん。全部過ぎたことだとかいいながら、ソファーだけはちょっと根に持っているのだった。

160113-3.jpg

ま、もういいんだけど。











<お知らせ>
デロリアンズ通信Vol.38を配信しました。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  Another Daysの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

ぴぎぃとまと

想い出が
ひとつ消えたのは寂しいね。
形あるものはいつか壊れるものだけど・・・
そのソファには思い出がたくさんだよね。
でも、父ちゃんがいいなら、いいんだね。
ソファ氏、長きのおつとめ、ご苦労様でした。

AutumnWinds

No title
ええ! ソファーが…。

浜ジュン

思い出は心のなかに
思い出や愛着が一杯つまったソフアーでしたもんね
でももうそんなのはとうちゃんの心のなかにしっかりインプットされてて、何時でもひきだせるじゃないですか
あとは、これからの楽しい出来事を新しいソフアー(にするんですよね?)とともに過ごしていけるじゃないですか!
・・・たぬき君がまた破壊活動しないことをお祈りしますが

pigmon

思い出は
心の中にいつまでも。

すべてを知っているソファーさん、ありがとう。

-

No title
やべー寝たふりだ
みたいな感じですね。
大福君達の良いソファが、見つかるといいですね。

canmama

No title
よくないよね。。
分かっているって、
み~んな、分かっているって、、。
私でさえ、いっぱい思い出す。
でも、前を向いていく!
ガンバだ、父ちゃん。

のりのり

想い出
20年前、15年生きた愛犬と死別しました。アホやけど、可愛いやつでした。その子が暮らしていた犬小屋は、いつの間にか園芸用品の物置になっていましたが、手放すことに。
トラックに乗せられて行く犬小屋の中にあの子が入ったままのような気がして、思わず心の中であの子の名前を呼びました。

最後を看取って、供養もしたし、もう気持ちに区切りがついていたのに、思い出は思いのほかいっぱい詰まってるものですね。

ま、忘れることはないけれど。
ありがとう「ドン」。

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

No title
1枚目の写真の大吉の表情が、
福ちゃんと穴澤さんの気持ちをわかっているかのようであり、
また「僕じゃないもんね」と言っているかのようでもあり、
思わずクスッとなりました…

Keiko

お疲れ様です
あのソファですよね。
デカイ誰かが でろん~と寝そべってた♪

思い出深いソファだけど、タヌキの福ちゃんには
ぜ~んぜん通じないお話ですから
犬は悪くない ソファ君 お疲れ様でした!
君の勇姿は こちらとあちらで拝見します。

はち

No title
ソファーに残るあの方の匂いは父ちゃんが忘れないでください。

モカママ

No title
うちに来なはれ^^と言いたかった。いやいや、笑ってさよならや。今までご苦労さんでした。
一度カバーをして、買い替えたのかと思ったことがありましたが・・。今度はほんまやね。。。(´Д⊂グスン

sappi

No title
ソファーさん、ありがと・・・
( ; ; )
あぁ、今日はSMAPの件の影響でセンチメンタルになってるわ〜
あかん

犬飼い見習い

感謝を込めて
今まで頑張ってくれたソファ君とさようなら。
大切な思い出は心の中にちゃんとありますよ。

ぴーたん

つ、ついに。。。
でも壊れてるから、危ないですもんね。
色んなワンコに愛されたソファ君、お疲れ様でした〜!

LEON

泣けます
時は流れますね…

meg

No title
ソファの思い出は心の中で大事にしまっておきましょう♪

うさこ

No title
丸君は父ちゃんのそばにいるから大丈夫!
無関係の私だけど、勝手に切なくなってそう言い聞かせてます。
ソファーさん、お疲れ様でした。

父ちゃん、色付きトートバッグの販売予定はないですか?

犬きち♪

バイバイ
今までありがとうね。いろんな父ちゃんを見守ってきたソファーくん。切れ端でもいいから欲しかった・・・。

やっちゃん

ソファー頑張ったね。
寂しい気もするけど仕方ない。
それにしても福ちゃんの顔がとても
凛々しく見える。お兄ちゃんになったな~。

クミチャン

No title
あらためて見ると…
ここまでだったとは…(^^;;

別れはつらいけど、
新たな出会いがあるはずですね(^^)

ソワレ

No title
このブログでは見たことない神妙な顔つきの福ちゃんの写真が目に入ったので、何があったの!?と文章を読んで、納得致しました。

きっと父ちゃんの、色んな思いが伝わったのでしょうかね。

福ちゃんも、あのお方も、父ちゃんの家族で幸せ者ですね。

仙台のおばはん、わたなべです。

おはようございます。
先日、やっと、デロリアンお散歩鞄で
お出かけしました。とても気に入っているので
お散歩よりお出かけバックにしちゃいます。

さっきもデロリアントートでコンビニに行きました。昨日から3連夜勤・・・・・
今日は昨日の明けから休みなく夜勤・・・
そんな自分へのご褒美はセブンの豆大福です。

父ちゃんさん。
トートの小さいの作るんですか?
色つきのも欲しいなあ。

てんてん

No title
ソファとはお別れですが、
ソファの思い出は忘れないと思います。
丸くんと共に・・・

3枚目のタヌキくんの表情が何とも・・(笑)

たんこ

ソファーで泣いた。
いろんな思い出をありがとう。
ご苦労さまでした。
本当は父ちゃんが一番さびしいやろね。
これからも新しい思い出を二人と二匹でいっぱい作って下さい。

Keith

No title
色々な思い出がつまっている、ソファー。
ブログの背景にも写り込んでいたので、私もなんとなく愛着が…
よく頑張ってくれました。お疲れ様です。

サマンサ

おもわずウルっときました。でもほんとにズタボロですね。形あるものいつかはなくなっていくのは仕方のない事。結局ひとに残るのは想い出や友情、暖かくしてくれた人、胸の中にしまえるものなのでしょうか。
丸くん忘れないよ。

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

勘太‐モモのママ

ありがとう
何とも表現し難い感情と涙が溢れてきたよ…。ソファーさん、沢山、ありがとう!

シルちゃんのママ

悪いこころ(^ν^)
のりのりさんのコメントに涙が出ました。
思い出は物にも心にもいっぱい詰まっていて、減るどころか溢れだしそうになります。
何年たってもきっと減る事はないんだなぁと思います。

D通信のKおじーとわたしも知り合いになりたい。そしてBIGなカマスを食べてみたい。カマス美味しいですよね。
幻の丸ちゃんピンバッジがまだあったなんて。
もう一つトートバッグ買えばよかったなぁ。D通信を見てもう一つ買おうかなと思ったあの時、ポチれば良かったなぁなんて、恥ずかしくもまた欲張り心がメラメラと吹き出してきてしまいました(⌒-⌒; )

Kira

ピンバッチ
トートバッグが届きました。
なんと‼
ピンバッチが!!
嬉しい。凄く。ありがとう。
今まで携帯が古くてお買い物出来なかったんです。
やっと出来るようになったけど、もうピンバッチ貰えないと思ってたのに‼
悪いコトがあったら、いいコトもあるもんだなぁと思いました。
人生そんなもんですよね。



-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Atsuko

No title
富士丸に関連する話は、どうしてもポロリ。
悲しいポロリじゃなくて、幸せだった富士丸の一生を思い出してのポロリでもあるんよね。
ソファが無くなっても父ちゃんと富士丸はずっと一緒!って、会ったこともない私が断言してどないすんの^m^。
非公開コメント

スポンサードリンク

カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

月別アーカイブ

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。