今年の釣果(中間報告)


150731-1.jpg

今日で7月が終わってしまう。もう半年経ったのかという驚きよりも、年明けから魚をほとんど釣り上げていない事実に愕然とする。釣ったのはマゴチとヒラメの2匹のみ。結構な頻度で釣りに行っているというのに、なんという打率の低さだろう。

150731-2.jpg

本や雑誌やDVDや釣りビジョンからかなりの情報を得て、去年よりは格段にスキルも上がっているはずなのに。実は密かにリールもいいやつに買い替えたり、ルアーもずいぶん増えたりして、装備面も充実させてきたのに。なぜ、はじめたばかりでわけもわからずキャストしていた去年より釣れなくなっているのか。何がいけないのかわからなくなってきた。

150731-3.jpg

あれか、ボブサップが格闘技界に登場したときは滅茶苦茶やっていきなりホーストをダウンさせたりしたが、そのうち格闘技を学ぶにつれ、ローキックで追い込まれたりして弱くなったあの感じみたいなことだろうか。例えがわかりにくいと思うが。それとも、単純に去年はじめた頃がちょうど釣れるシーズンだったのだろうか。いずれにしても釣れなすぎて切なくなってくる。

150731-4.jpg

きっと皆さん、こんな感じだと思うが。







この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  Another Daysの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

マークのパパ

No title
お父ちゃん、相手にされていませんよ!! 
福ちゃんは、へそ天で何も聞いていないし、大ちゃんは そうなの、よかった よかった てな お顔をしていますね!

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

りんこ姉はモモのママ

No title
犬と暮らしているうちに、見た目云々よりも鼻の下のちょっと黒い部分とか、うんぴーするときの丸まった背中とか。そういうところが大好きになってしまいました。
犬の上あご、洗濯板みたくなってるの。
あれも好きです。なかなか他の子のを見る機会がないのでニンマリしちゃいました。
福ちゃんが仰向けに寝るから撮れたショットですね。
魚は釣るより食べる専門ですが、父ちゃん、さてはビギナーズラックってやつだったの?

たぬぽん

No title
やった~!7が過ぎれば8、そして9はほとんど秋です!そうなればお魚たちもばんばんつれますっ!(なにを根拠に)大ちゃん、舌のいろが涼しげ~。
福ちゃんは大笑いしてるようにみえる^^

スターコイン

遠回しな例え
うぅ〜ん!きっと魚も暑いから出て来ないってことで勘弁してもらえませんか!?笑

多美です!

釣りよりも…
父ちゃん、釣れないのは、きっと商売の神様が「会社を立ち上げたんやから、商いに専念せい!」とハッパをかけているからかも。 

sappi

今日の日記、
何かオチがあるかと思って、最後まで真剣に読んでもうた
(._.)
私、大ちゃんと同じ気持ちデス
(´・_・`)

犬飼い見習い

そのうちにね
お魚にもいろいろな事情があるんですよ。
この暑さで夏バテしてるとか……!?
涼しくなったら釣れるかもしれませんよ。

semicircle

No title
ね・・・・。
活字は視界に入れたんですけど、脳に伝わってこないのでまさしく大吉さんと同じ状況です。

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

やっちゃん

No title
大福ちゃん達のあくび姿ってかわいいね~。
大丈夫きっと穴澤さんの話はちゃんと聞いてたと
思いますよ(笑)場所を変えると釣れるかも・・

なおみ

はい、全く頭に入ってきませんでした(笑)

山のおばさん

魚も涼しい海へ行くのだな・・汗
天気図を見ると日本は赤い色と橙色の酷暑だぜ。
列島の周りの海も真っ赤でぬるいんでないの?
魚も熱いところへは来ないのよ。
海岸で釣り人が干物になるで!
夏休みの時期には、嫁さんに奉公すべし。

canmama

福ちゃんと大ちゃんのアクビがなんとも、、。

わかる。
同じ気持ちだよ。(笑)
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク