文庫完成


大吉

懸念していた術後の痛みだが、思ったほどではない。一応痛み止めは飲んでいるが、ボルトを入れたときとは比べものにならないくらい楽だ。手術前に医者から「そんなに痛くないはずですよ」と言われたときは絶対嘘だねと思っていたが、疑ってすいません。こんなことならもっと早く手術しておけば良かった。とにかく、これでまた皮ジャンを着てロケンローできる。

大吉

それはさておき、お知らせしていた『またね、富士丸。』の文庫版がいよいよ12月13日に発売になります(現在予約受付中)。『犬のはなし』にも書きましたが、今回改めて「4年後のエピローグ」のようなものを書き下ろしました。久々の書籍の縦書きなので(縦書きだと燃える)、気合い入れて真面目に書きました。

大吉

さらに解説は『東えりかさん』に書いていただきました。緊張しながら一足先に読ませてもらったんですが、そこには知らなかったことが書かれてあり「そうかー、そうだったのかぁー」と思いながら読んでいたら、自然と涙がこぼれてしまいました。なんで自分の本で泣いてんねんと思いつつ、いい解説ありがとうございました東さん。写真のセレクトは編集者とデザイナーにおまかせしていたんですが、最終的に表紙は単行本と同じ写真になったようです。

大吉

今週末くらいには書店に並ぶのではないかと思います。












<お知らせ>
『犬のはなし』更新されました。
犬と食事を考える、その後の大吉の話です。
実はあの後正式に食事指導を受けていたんです。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  Another Daysの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

TOMY

おめでとう
いよいよ文庫出ますね。
改めておめでとうございます。
富士丸……顔見るとしみじみするなぁ……
もう涙は出ないけどね。
読んでて楽しかったこと、さわってうれしかったこと思い出すよ。

エピローグと解説、両方読み応えありそうだね。
実は単行本持ってて、泣きながら1回しか読んでないけど、文庫も買おうと思います。
とりあえず、お疲れ様でした(^-^)
日々がんばってる穴澤さん、私もがんばらないとなぁ……

あ、ボルトの件は、痛くなくてよかったね☆

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

そよ

No title
大ちゃんとお兄ちゃんの2ショットだ(*^_^*)

父ちゃんお疲れさま。思いっきりロケンローしてね!

りんこ姉はモモのママ

また泣いちゃうな
週末大泣き、土偶顔。
休みはおこもり決定か。

勘太-モモのママ 

No title
ね、そうだったでしょ?痛み、大したことなくて、
とにかく、良かったです。
大ちゃん、ちゃんとお勉強した父ちゃんの手作り、
いいなぁ~幸せだね。ご飯を待つ大ちゃんを想像
して、(^-^)。
「またね、富士丸」記事だけで涙…田舎だから、
予約してても、遅いんですよね。待ち遠しい!
又、大切な本が増えました。有難う、です。

マサ

大吉さんの素敵なお兄ちゃんの文庫本。 泣いちゃうよ… でも、買います(´∇`)

autoum winds

味見?
大吉っちゃん、父ちゃんガジガジして、味見なの? ボルト抜けて、なんか物足りなくなっちゃった?

さて、文庫ですが、予約してありますよ! 楽しみにしてます。
うーん、楽しみも違うか。なんとも言えない気分ですが、発売日まで待機してます。

それにしても、流石お兄ちゃんの本はガジガジしないんだね、大吉っちゃん。
そうだね。毎日おやつ分けてもらってるもんね。大事な大事なお兄ちゃんだもんね。
三枚目はちょっと緊張気味かな? 初めてのツーショット。

りぼん

おめでとうございます
「またね、富士丸。」文庫版発売、おめでとうございます。もちろん近所の本屋さんで買いますよー。私が保護犬だったプリンと出会うきっかけになった富士丸くん。今もこれからも大好きです。ちなみにプリンはブリーダー放棄犬でした。今はうちの大事な大事なお嬢ちゃまです。

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

犬飼い見習い

祝!文庫化
正月休みに読む本は、これで決まり♪
術後の経過も良いようで安心しました。
存分にロケンローしてください(笑)。

りこ

予約完了♪
でかおくん本の時、書店予約やと早く買えたんで同じようにしました。
週末、楽しみです!

大ちゃんがモリモリ食べてくれるようになって良かったですね。
その話題でも馳さん片野さんと盛り上がったのでしょうか♪

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

runrun

おめでとうございます
解説で泣いて、本文で泣いて…?
いえ、もう表紙の写真みただけで、じわっと…。

考えてみると、こんなにも自分の人生の一こま一こまが鮮やかに浮かんでくるブログ(とその発展物)って、他にないんですよね。

ボルトも抜けて、これからも、よ☆ろ☆し☆く☆

ちえ

おめでとうございます
出版おめでとうございます!

大吉くん、
お兄ちゃんの丸くんは、それはそれは可愛くて、みんなに愛されてたんだょ。



君と同じようにね♪

多美です!

またね、富士丸。…タイトルだけで、泣けてきた
「またね、富士丸。」単行本を購入してたものの、胸がつまって、なかなか読めませんでした。文庫本を買っても、多分ページをめくれないんじゃないかしら。でもね、このブログに集まるみんなのコメントを後押しにして、読もうと思います。

やっちゃん

おめでとうございます
術後そこまで痛くなくて良かったですね♪
文庫本の完成おめでとうございます!!
予約してますから、届くのがまちどおしいです。富士丸君で里親募集している犬や猫達がたくさんいる事を知りましたし、色々な犬や猫達を取りまく環境も知る事が出来ました。
富士丸君はやっぱりすごい子ですね。

モカママ

No title
『犬のはなし』を拝見させていただきました。
やはり人それぞれ、のようにわんもそれぞれなのですよね。うちのわんの献立なにしよか、が、主人のよりはるかに多い割合をしめてきています。
文庫本。。読みたいよ~な、読みたくないよ~な。
絶対一人の時読も。父ちゃん自身で泣いちゃったのですよね~。気合い入れて読ませていただこ。

しのなのー

No title
丸君亡き後の父ちゃんの姿をまた読むことのなるのですね。しかも父ちゃんも泣いたというエピソードもあるなんて。
大ちゃんの食事、父ちゃん頑張りましたね。後は定期的に指導を受けていけば良いのですかね。

つなごんの母

本楽しみに待ってるね。
よかったじゃん、革ジャンが着れないロッカーなんてさ。
犬の話読んだけど、穴澤さんみたいな嫁ほしい(真顔)

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

スピカ

うちの犬のこと
私事でスミマセン…

うちの犬、こちらが与えた物を食べないことが皆無で、食事・お通じに関しては悩みナシだったんですが。

ここ2~3日ウンチに異変があり、9年食べ続けたジャーキーを欲しがらず、飼い主はうろたえました。
(今はすっかり回復したようです。)

気がつけばシニア犬の年齢。
これから彼女の身に起きる1つ1つの事を、飼い主の私が受け止めていかなきゃいけないんだと身にしみました。

毎日、楽しく元気に過ごしてほしい☆
飼い主の切なる願いです。

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

4年後のエピローグ、か
単行本が実家に置いて来ちゃったのでという理由もあり、穴澤さん本人が知らなかった部分も読みたいので買いますね。楽しみです。

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

しゅう

No title
おめでとうございます。ひとりと一匹、またね富士丸と読みました。またね・・・は最初から涙で文字が歪みました。私も17年一緒だった放棄犬が7年前に逝きペットロスになり今だに引きずっています。別の犬を飼いましたが忘れられません。でもいつでも記憶の中にいるので大切にしていきます。淋しいけれど・・・。ハンサムな富士丸、穴澤さんとの無償で絶対的な愛と強い信頼という名の絆に心をうたれました。俺、お前のことが大好きだ・・の言葉に全てが凝縮されて過去も未来も受け入れられそうな気持ちになれました。ありがとうございました。
大吉はまたまたいい犬ですね。気が弱そうですがとても優しい目をしています。これもひとえに穴澤さんの大吉、大好きだよをしっかり受け止めているんですね。

ちかこた

初コメです、
こんにちは

またね、富士丸。文庫本買いました。
ずっとブログも見てました。
毎日ブログをみているといつしか自分のコのように親近感を勝手に持ってしまっていました。
私も愛犬を亡くしたばかりなので、富士丸と愛犬が重なり、レジに持っていく間にチラ読みしただけで涙が流れそうになり、ヤバかったです。

私も悲しみを自分なりに乗り越えようと思います。
ありがとうございました。
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク