生ポール


昨夜はポール・マッカートニーを観に行った。ロンドンオリンピックの開会式でポールが「Hey Jude」を歌っている最中にしゃべり出したアナウンサーへテレビごしに突っ込んでから約1年半。まさか生ポールをこの目で観ることができるとは。

131122-5.jpg

まず東京ドームに集まった観客の年齢層の高いこと高いこと。むろん自分も含めてだが、明らかに自分より年上だと思われる人たちも多くいた。年齢層が高いのは当然といえば当然かもしれないが、いい歳こいてチケットを買ってわざわざドームまで足を運ぶおっさん達がまぶしく見えた。こういう人が上司だったら飲みに誘われても喜んで行きたいと思った。

131122-2.jpg

そしてポール登場。噂には聞いていたが、71歳とは思えぬ体力で歌って演奏する。へフナー社のバイオリンベースを弾くボールの姿に、鳥肌を通りこして「あぁ、生きていて良かった……」と思うのだった。中学の頃からレコードやカセットテープやCDで何千回聞いたかわからないあの歌声を生で聞けるなんて。しかしなんだろう、あの声の衰えのなさは。

131122-6.jpg

アンコールも含めトータル3時間近く、いやー、素晴らしかった。素晴らしいなどと評価するのもおこがましい、とにかくいいものを観せてもらった。まさに夢のような時間だった。夕方5時から出かけて、帰宅したのが11時すぎ。珍しく夜に長時間留守番していた大吉は、帰宅するなりドーンと体当たりしてきたのだった。

131122-9.jpg

たまには許せ。






この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  Another Daysの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

TOMY

ドーン♪
しあわせな時間を過ごせたのですね~
よく伝わりました~(*´∀`*)
でも、だいちゃんのドーンの気持ちもわかる。
おっせぇーよっ!!ってね(笑)!

くまはは

No title
よかったっすねぇ。
おっさんも71歳までがんばって。
爆音で耳をいわさんようにね。
ほなな。

おっチョコ

やっぱり、ライブはいいよね。
ボルトも取れるしあとは飲み過ぎに注意すれば、とうちゃんも70歳過ぎでもバンド活動ができることでしょう。そのときは、東京まで出かけまっせ!!
体当たり大ちゃん、かわいいですね♪

こういう上司

No title
次はボンジョビでっせ!お~っ!
大ちゃん、お留守番ご苦労さんでございました。
きっと夢のような時間、ボルトのことはま~ったく頭をよぎらんかったのでしょうね~。よかた。

kira

No title
良かったね、そして羨ましい〜。
私なんて二分の一世紀前からのビートルズファンだけど、一度もコンサートに行ったこと無し。
団塊世代にとって彼らは青春の宝物です。

ポールとかキャロラインケネディさんとか…
若かった日々が懐かしいわ。

そういえば、キャロラインさんと同じ空気を吸いながらポールのコンサートみたのよね父ちゃん、すごいぞ!

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

blue-mama

No title
私は、大阪公演へ行きました。いや~本当に素晴らしかったですね!
ステージのポールはとても若くてお茶目で、何より音楽を愛していることがドーンと伝わってきました。大阪公演二日目で、「お年だから二日目でお疲れじゃないかしら?」などと思っていたことが、本当に申し訳なく思いました。公演中の写真がブログなどにいっぱいアップされていて、コンサート慣れしていない私は、びっくり!海外のアーティストの場合、公演中でも写真OKなことが多いと聞き(そうなんですか…?)、「それなら撮りたかったなぁ!」と思った次第です。

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

autumn Winds

良かったですね。
大吉っちゃんのドーンは現実への入口ですね。

それにしても、お年を召しても夢を見せ続けられるって、素晴らしい。
そして、一緒に夢を見続けられるファンも素晴らしい。

2ひきのねこ

うらやましい
あああああ わたくしも行きたかったっ!!
大阪でもあったというのに・・。
体力のない自分が憎い!

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

meg

No title
「こんな時間までどこに行ってたんだよー!父ちゃんのばかばかばかっ~~~!」って感じだったんでしょうか?w
ポール様のコンサート行きたかったな。。。あまり年齢の事は言いたくないけど、あの歳で3時間のコンサートを、何十回も世界各地でやって、観客を大興奮させているというのが、オドロキです。

大ちゃん大好き

私も・・。
父ちゃんも昨日のコンサ-トに居たんですね。私達夫婦も居りました。生ポ-ルにお目にかかれるとは思っていませんでしたので、ずっと興奮状態でした。ステキでしたね。ポ-ルは71歳という歳を感じさせない歌に演奏に見入っていました。私達も幸せな時間でした。大ちゃん、父ちゃんを許してあげてね。

runrun

ドーン
音楽って、演奏する人も聞く人も、元気にするんですね。
それにしても、大ちゃんのドーン、かわいい❤♥♥

犬いない歴7年

No title
素敵な時間を過ごされましたね。
でも私はポールより、犬の体当たりが羨ましー。

ぽちぴこ

イズー
今日は愛犬ちゃんを連れて下田の先の『入田浜』に行って来ます(´▽`)

人も少ないし、犬が歩くには程よい浜だしサーフィンも出来るし、おすすめです。

マユミ

No title
大ちゃんのドーン!が
淋しかった気持の表れで ますます愛おしいなぁ。。。

犬飼い見習い

リアクション
大吉さんの帰宅時のリアクションが薄いと言っておられましたが、
長時間の場合は、普通にリアクションできるんですよ。
よかった。よかった。

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぴぃ

No title
私はポールよりエルビス派。

大ちゃんのエルビスがますます立派になってる。


勘太-モモのママ 

No title
至福のひとときでしたね!中学1年の
クラスメイトで、ジョンの大ファンの
子がいましたが、あの年頃でジョンの
良さが分かるって…大人ですね。

大ちゃん、寂しかったね。偉かったね!
体当たり、もっと強烈にして、押し倒
して良かったと思うよ(笑)。

しのなのー

No title
大ちゃん、寂しかったんだよね。

タラママ

いかれたんですか
とうちゃん ポールのコンサートだなんて素敵  だいちゃん お留守番。 きっととうちゃんの  夢み心地わかってくれてますね。 

多美です!

体当たり!父ちゃん、寂しかったんだよ~
大ちゃんが、「父ちゃん、遅~い遅~い、待ちくたびれたんだよー」って、甘えているのが目に浮かびます。それにしても、お腹に置かれたCDを、大ちゃんはどう思ったのだろう?

ももちゃんのママ

行ったんですね~~♪♪
わあ、私もチケット買えばよかった。
迷ったんですよね。
たぶん、生ポールを見るのはこれが最後ですよね。
さびしいけど、それが事実・現実だと思います。
34曲くらいを熱唱したんでしょ!
ビートルズ時代からキーを変えてないって聞きました。
すごいな、ポール!
人生にひとつ悔いを残した気がします。

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

やっちゃん

だいちゃんの体当たりかわいすぎる~。
淋しかったのねー!!やっと帰ってきたかと
思ったのかもね。しかしたまには許そうよ。
ねっ!!だいちゃん(笑)

マッチータ

No title
いやぁ~びっくりしました。
私も主人とポールの東京公演最終日に
いってました!
本当に素晴らしかったですよね。
私は2回目でしたが、ビートルズ初来日東京公演から
ポールの来日東京公演はすべていっているビートズファンの主人も、
今までと変わらないポールに感動してました。

大吉君、寂しかったですね・・・
うちのアローも、帰宅すると歓喜の舞を踊ってました。

局長

ポール
俺も同じ日に行きました。
全37曲、一滴の水も飲まずに歌い続けるあの喉や声の強さは、とても71歳とは思えない、超人にも似た凄さを感じました。
きっともう一度来てくれる…と信じて、これからもチケットぴあの会員でい続けようと思いました。

ふじこ

No title
私も大阪のポール行ってきました。んもう、人類超えて神でした。老若男女問わず興奮、感涙、帰りの居酒屋でも電車内でもポールの話題があちこちで飛び交ってました。ところで父ちゃん、丸ちゃんに対する父ちゃんは まるで丸ちゃんの弟みたいで、大ちゃんに対する父ちゃんは完全に親目線ですね。丸ちゃんにできなかったこと全部やったげたいんでしょ?すごくわかります。

雲丹

ポール
私も中学2年生からビートルズにはまり、ジョン派が多い中、ポールの曲が好きだったのです。ビートルズの曲ならイントロクイズの出場権は取れるかなってくらい^^

父ちゃんは生ビートルズを知らない世代だと思うけど、それでもビートルズに惹かれるってことなんですね。

私が幼稚園児の頃、ポールはもう大人だったから、同じようなものか~^^

nana

わー
穴澤さんもあの日いらっしゃったんですね〜!嬉しくて久しぶりにカキコ。
かくいう私はチケットなしでただポールを感じたいがためにドームへ行きました。
ステージ側から相当音漏れしてて、Let It Be聴こえてきたときは涙出そうでした。。。
すごい人でしたね、さすがポール!

そして大ちゃんのドーンが可愛すぎ(笑)
お留守番偉かったね。
来月の文庫化、心待ちにしています。

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク