御礼


130520-1.jpg

昨日の高井戸図書館での朗読会は、無事に終了しました。わざわざ来てくださった皆さん、どうもありがとうございました。訳あって当日は頭が痛かったのですが、朗読は竹脇さんにまかせっきりだったので問題ありませんでした。ちなみに中央でパネルを掲げている黒子がワタス。隣にいる岡さんが話に合わせてタイミングよくパネルを渡してくれます。

130520-2.jpg

集まったのは30名ちょっとらしいですが、このような機会を与えてくださった高井戸図書館の館長さんに感謝します。前にも書きましたが、図書館でも学校でもお店でもイベント会場でも、ご要望があればどこへでも駆けつけるつもりですので(竹脇さんの猫事情により関東から日帰りで行ける距離になってしまいますが)、ご希望の方は朗読会担当の『竹脇さん』までご連絡ください。勝手に担当者にしてますが。

130520-3.jpg

そして昨日は朗読だけでは来てくれた人に申し訳ないと、終了後に3人で軽くトークをすることに。絵本制作の裏話やいろいろ話しましたが、楽しんでいただけたでしょうか。二日酔いだったわりには、結構しゃべった方だと思います。それから、今週末にお台場ヴィーナスフォートで行われる『イベント』の出番時間は、両日ともお昼の12時頃からだそうです。お時間のある人は遊びに来てみてください。

130520-4.jpg

なお、両日とも大吉はお留守番です。






<お知らせ>
『犬と猫と人間と2』『インタビュー記事Vol.3』がアップされました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  Another Daysの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

犬飼い見習い

やっぱり……
頭痛の理由?
ああ、やっぱり二日酔い(笑)。
何はともあれ、朗読会が無事に終了してよかったです。

ひつじ

お疲れ様でした。
幼稚園や小学校での朗読があればいいですね。
子供は素直に受け入れるからネ。大ちゃんは奥さんとお留守番?なのかな。大事な人を出したくないのは穴澤父さんなのでしようか?結婚してもまだ2日酔いはダメよ。

勘太-モモのママ

トークショーもあったなんて、参加された方、
ラッキーでしたね!一度も参加できていない
朗読会、長く続けて下さいね。参加出来る
ように頑張りますから!
布教活動は続けていますよ!

nosuri

インタビュー記事良かったです!
「犬と猫と人間と2」の対談を読んできました。
先日、迷った時に相談する方に「犬はどんなに可愛くてもやっぱり畜生である」と言われて来ました。今までなら二度と来るものか位に腹が立ったかもしれないけれど、そうか、そうなんだ。と静かに思いました。
マイさん、岡さん、頭痛の穴澤さんもお元気そうでなにより(笑)♪

yukari

朗読会、お疲れさまでした。

出た、他力本願(笑)
「また」次の日予定があるのにセーブ出来ずに飲んじゃったんですね。(苦笑)

まあ、父ちゃんらしいというか・・・

麻衣さんのブログで畳部屋ということが書かれていたので、直に座ってみんなととっても距離が近いアットホーム朗読会のようなものをイメージしてました。

大ちゃん、春の陽射しの中で気持ち良さそう。

momo

朗読会 お疲れ様でした。

ブログとは関係ないのですが、気になっていたので質問させてください。

某ワンコ雑誌(シー●)の中に大吉君にそっくりな白いワンちゃんが載っていたのですが大吉君もバイトしてます!?
(愛玩動物なんとかという資格だか何だかの広告だったんですが)フカフカ感といい良く似ていました。

多美です!

朗読会に行きたいなぁ!
遥か彼方の秋田なので、朗読会に行きたくてもいけません。でも、でかおの本を途中まで読んで、涙涙で最後まで、なかなかたどり着けない私は、きっと朗読会に参加したら、大声で泣いちゃうでしょう。

Macckyno

初参加でした
今までなかなか予定が合わなかったのですが、昨日の朗読会、初めてお邪魔させて頂きました。

竹脇さんの優しい声が、お話にぴったりでした。

開催時間が
「午後2時~3時30分」
となっていたのに、2時40分位から
「じゃあ、この辺でそろそろ…」
と、切り上げたがる人が約一名(笑)

竹脇さんや岡さんが色々お話を広げようとしているのに…

おまけに
「ほら、(聞きに来ていた)お子さんが疲れちゃうと…ね」
と、人のせいにするという(笑)
(子供たちは「ううん、大丈夫」と言っていたのに、聞こえないふりしましたよね~)


ブログの読者じゃない、あの図書館に日頃来ていて、たまたま興味を持って参加してくれた人にとっては、お三方の背景をもう少し丁寧に説明しても良かったかな~と思いました。

例えば、穴澤さんちは二代続けて保護犬だ、とか、竹脇さんとの出合いはチーム富士丸だった、とか、デカプリオの話とか。
チーム富士丸の件は、竹脇さんがちょっこっと触れてましたが、初めて聞いた人にはよく分からなかったかも。

ブログの読者は、何度同じ話聞いても大丈夫ですから、初めての方に分かりやすい方が大事かと。

どんどん裾野が広がって、普段はあんまりこういう話題に興味がない人達に、知ってもらえたら良いですよね~

HAL

まゆ毛
最後の写真の大ちゃん。まゆ毛がりりしー!

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

canmama

あっ、大ちゃん、
久々に、「眉毛」、はっきりくっきり確認!

初夏の河原(ですよね)で、本当に気持ちよさそう、、
いい表情していますね。。

ろきち

最後の大ちゃんの写真。
貴公子のようだ・・・

-

朗読会おつかれさまでした^^

土曜日にイベント行こうと思ってます♪
久しぶりにお会いできるの楽しみしてますね~

やっちゃん

朗読会お疲れ様でした。
今回は穴澤さんのトークもかなりあったとか!!
残念!!行きたかったなー。
竹脇さんの猫ちゃん事情ですか~。
う~んわかります。
でも地方でもお願いします(笑)

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク