冬鼻


130130-1.jpg

いつの間にか大吉の鼻が黒くなくなっていることに気がついた。仔犬の頃は真っ黒だったはずなのに。よくぺろぺろ舐めているから色が落ちたんだろうかと思ったが、マジックじゃあるまいし、犬の鼻の色って成長と共に変わるものなのか。もしかして病気だろうかと思って調べてみたら、どうやら違うらしい。

130130-2.jpg

なんでも犬の鼻の色が抜けるのは、大きく3つの理由があるという。ひとつは加齢によるもの。もうひとつはもともと色素が薄い体質で少しずつ色が抜けてくるケース。それから犬種によって冬だけ鼻の色がピンクになり、夏になるとまた黒くなるという「ウインターノーズ」という現象。理由はよく分からんが、ラブラドール・レトリバー(イエロー)など一部の犬種でそういうことがあるらしい。

130130-3.jpg

大吉にラブの血は入っていないと思うが、こいつもウインターノーズなのだろうか。なんとなく違うような気がする。白っぽい雑種で鼻がピンク色の犬はよくいるので、ずっとこのままなんじゃないだろうか。別に鼻の色なんて何色でもいいが、左右の耳といい、毛の色といい、鼻といい、我が道を行っとるなぁ。

130130-4.jpg

最終的に、どうなりたいんだろう。





この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  Another Daysの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

yori

最終的には
可愛ければオッケーです♪

uchida

大吉さんはラブの血入ってるなぁと思ってましたが。

コウ

結果‥とっても可愛いらしい大ちゃんです! 最終的にも、やっぱりとっても可愛いらしいおじいちゃん犬に‥ですよね!

つなごんの母

同じです
うちの犬も大ちゃんと同じ様な毛色で鼻も黒かったけど、成長するとやっぱり色が抜けてきました。もう南高梅にしか見えないw

てるすけ

最終進化系を見てみたい。w
楽しみ。(>_<)

そよ

1枚目の大吉マテしてるのかな~。
父ちゃんがおやつでも置いているのか…真剣なまなざし。笑

大吉は世界に1匹だけ!
大吉という犬種!

犬飼い見習い

へぇ~っ。初耳です。
ウインターノーズだとすると、夏には黒く変化するということですね。
ちょっと楽しみですね。

金柑

うちの子もパピー時代はまるでボタンのように黒々してましたが今はだいぶ薄くなっとります。
でも人間と違って頭の毛が・・とかじゃないからい~よね~大ちゃん^^

りんこ姉

ふふっ
どうなりたいって、最終的に「大吉」になるんだよ。まだまだ進化途中なんだろうね。楽しみねぇ。
オンリーワン。いいじゃない、かっこいいよー☆

しの&みー

最終的にどうなりたいのか?って、そりゃ「オンリーワン」でしょ。犬だけに。

ごまぞう

大吉くん、自由でよろしぃ!

で、父ちゃんの鼻は…
加齢(笑)

アルヘェ

もーともと
とーくべつな
オンリーワンッ♪

ひつじ

おはな
甘いものとかあげると犬の黒い鼻の色が抜けるから食べさせてはいけないってたけど、食べてないよね大ちゃん。
ラブラドールは結構赤っぽいよ。大ちゃんて優しい顔。
楽しみ

田舎の母さん

最終的には、父ちゃんになりたいんだと思う・・・。

kuzoomiko

最終的に...
立派な大吉くんになるのです。ふふ。

ろきち

「オンリーワンコ」ですよ!
可愛い可愛い大ちゃん。
お鼻が何色になろうと、おばちゃんはオッケー!

みなみな

そりゃ、大吉君でしょ。
父ちゃんさんが、
父ちゃんさんであるように。

勘太-モモのママ

元気で可愛いもの、それだけで
充分!
大ちゃん、ほんとに可愛くて、
個性的!

mame

こんにちは。もうホント滅多にコメントしませんが、ずっと拝見てます。

うちの犬もそうでしたよ。白い雑種の女の子です。黒だったのにピンクになったなと思ってたら、また黒に戻ったり、なんだか鼻の色が定まらない犬でした。
うちの子は黒→茶→ピンク→茶→黒を長いスパンで繰り返しました。ピンクは鼻の中央からやってきて徐々にふちにいたります。
何年くらいかかったか忘れましたが、最終的にはピンクで定着したようです。

sappi

成長が楽しみですね(*^_^*)
子どもの頃、実家で中型犬の雑種の犬を飼っていました。
本当に、オンリーワンって感じで可愛かったなぁ。
大吉くんも、本当に可愛い♪♪
大吉くんのしっぽ、ひょろなが~~~~くて、独特のフサフサ感♪♪
不思議な感じ・・・。(*^_^*)

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

ポンカン

目指すもの・・
ランチでピザのこと・・ザ―ピーランチていうようなおっさんになるんだって、大ちゃん言うてます。レベル高そうなピザですね。おいしかったなこりゃ。

yayo

将来
将来どこに行き着くかなんて
想像もしてなくて

とにかく大ちゃんは
ただただとうちゃんとずっと一緒にいたい

それしか考えてないと思う。

とうちゃんと同じく個性的でよろしい。

runrun

大吉君は
あるがままに、在りたいだけ、だと思う。
結果的に、とってもかわいくて、個性的で、いかにも穴澤さんの犬っぽい犬になるのです。

夏には鼻の色がどうなるのか、今から楽しみ。どっちでも、大好きだけどね。

犬きち♪

りっぱ
大吉という犬種ですね。

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

ももまま

ハスキーも
ウインターノーズになりますよ。
冬は紫外線が少ないのでなるみたいですよ。
茶色い子は黒い色素が無いようで、鼻も茶色ですがやっぱり薄くなります。
富士丸君はならなかったのかな?

初コメです。いつも読み逃げしてます。

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

kira

我が道を行ってるのは,父ちゃんちの犬だから当然かも。
耳がビッコでも,山芋色でも、なんとかノーズでも、
大ちゃんはすご〜く可愛い☆☆☆

ハスキーの雪です。はじめまして。
私はもともと茶色の鼻ですが最近は冬になると真ん中辺りが肌色になっています。
スノーノーズです。
ちょっとイヤです。

ちいここ

ぬってあげたら
うちのちわわこも鼻ピンクです。
ちょっと心配になって
旦那さんに報告したら、
「油性マジックで黒く塗ってあげたら」
といわれました。。。

-

遺伝子検査で先祖がわかりますよ。
かなりさかのぼって分かるはずです。
私が気になるので、ぜひやってみて下さい。

TOMY

へぇ~
ウィンターノーズって、初めて知りましたよ。
だいちゃん、おもしろいねぇ。
ほんと、わが道を行くねぇ。
父ちゃんそっくりだねぇ。
「パンといっぴき」っていう本のわんこちゃんも、鼻が赤いんだよね。
どっちもかわいい(*^▽^*)

ゆきえ

ずっと読み逃げばかりでしたがたまらずコメントさせていただきます。
つなごんの母さまの『南高梅』がツボに…(爆)

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

りょう

かわいい
はじめまして。
かわいいですね♪
うちの犬はレバーです←色素が薄いので
冬になると薄くなるって知りませんでした。なるほど!

スピカ

初耳です!
ウインターノーズという言葉、初めて知りました。

大ちゃんは、絶妙にアンバランスなところが可愛いと思いますよ~。

うちの犬は、年中黒い鼻です。

眠い時に鼻が乾くというのも、父ちゃんの本で知りました☆
無知だったなー(汗)

おこげ

まだまだ
進化の過程にある大ちゃんw
来年は冬毛を忘れずに
着込むんだぞ~♪
スマートで羨ましいわぁ~~

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

小太郎母

大吉ちゃんは
ゆくゆくは、二等兵をあごでこきつかう元帥をめざしていると思います。
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク