山の家の補修計画45


20230208-1.jpg

実は『山の家の補修計画』は地味に続けている。秋に着手したのが、床下の寒さ対策。写真では分かりにくいかもしれないが、テラスの下の部分は全面吹きさらしで、風が通り放題になっていた。夏はいいが、冬は底冷えする。しかもよく見たら床下に断熱材すら入っていない。

20230208-2.jpg

そこでまず、大工さんに頼んで断熱材を入れてもらうことに。恐ろしい基礎のしょぼさ。だが、弱そうなところは補強してもらったから大丈夫、なはず。

20230208-3.jpg

その上で、家の裏と手前を塞いでもらった。夏は換気出来るように扉を付けてもらった。扉から何から全部、木を切っていちから作ってくれた。大工さんてすごい。

20230208-4.jpg

こうして冬を迎えたわけだが、たしかに底冷えしなくなった。寒冷地仕様のFF式ストーブを入れているので室内はそれほど寒くはないのだが、設定温度になって止まっている時間が短い。5分ほどしたら、また点火する。つまり、どこかから熱が逃げているということだ。

20230208-5.jpg

犯人は窓だろう。二重サッシですらないから、カーテンをつけてもそれほど効果がないようだ。プチプチを貼ったり色々しているのに、この前は朝起きたら窓についた水滴が凍りついていた。さて、どうするか。

20230208-7.jpg

この闘いはまだまだは続きそうだ。








<お知らせ>

品切れしていた『GREENHAZE ペット・フレッシュナー犬用』を入荷しました。
→これ、本当にすぐれものの消臭剤なので、犬猫に関わらず、部屋とか車とか枕とか、あらゆるニオイでお悩みの方はお試しください。



あと、デロリアンズ通信Vol.860を配信しました。




※メルマガ配信希望の方は
『メルマガ登録・解除はこちらから(無料)』でメールアドレス登録してください。


『インスタグラム』でちょいちょい大福動画をアップしています。






この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  Another Daysの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Keiko

樹脂サッシと2重にすると全然違うらしい?です。

いろいろ暮らしながら 改修していくのって 楽しそう♪
寒いのは苦手ですけど。

うそつきレオン

いつも、いい大工さんと出会われたんだなーと思って見てます。
このシリーズ地味でも好きです。

-

二重窓にすると、だいぶ冷気を遮断できますよ。
最近はLIXILとかで、簡単に出来るようなキットも出てきてますよね。
FFストーブですが、セーブ運転にするより微小で運転し続ける方が灯油の消費も(多少なり)少なく、部屋の温度も保たれますよ〜。乾燥にも、お気をつけくださいね(^^)
非公開コメント

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。ライター兼デロリアンズ代表。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。2023年11月鎌倉市から八ケ岳に移住。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

関連サイト

いつでも里親募集中! 富士丸な日々

月別アーカイブ