犬(猫)のための自作自動ドア


20230123-11.jpg

『前回』、大福がドアを開けっぱなしにして困ると書いた。すると猫飼いの方が「適当な長さのゴムの両端を、ドアの上部とドア枠に渡して付ければ、簡易自動ドアになります」とコメント欄で教えてくれた。

20230123-1.jpg

しかし、ゴム弾性で開けにくくなりそうだし、ビヨーンと伸びた反動で勢いよく閉まりそうで、大福が楽に開け閉め出来るように調整するのが難しそうだ。もっと自然に開閉させたい。そこで別の方法で自作することに。で、100均で買ってきたのが、これ。

20230123-2.jpg

まずコードフックをふたつ、両面テープでこのように貼り付ける。間の障害物を避けるために、木の小さなブロックをかませてみた。

20230123-3.jpg

ドアの上部には、このようにコードフックを貼り付ける。これでカチッとなるまで閉まらない。このコードフックにナイロン道糸で輪っかを作ってひっかける。その道糸をさっきの2つのコードフックに通す。

20230123-10.jpg

そして、先にフック(針)を取ったメタルジグを結ぶ。こうすると、メタルジグの重さで下に降りていく。他のものでもいいが、釣り師としてはメタルジグを使いたい。40gと28gでテストしてみたが、28gの方がより自然にゆっくりドアが閉まることが分かった。

20230123-4.jpg

さて、どうなるか。鼻でちょんとやるといつも通り開くので問題なさそうだ。

20230123-5.jpg

開いても、すぐに閉まることはない。

20230123-6.jpg

福ちゃんに続いて大吉が入ってきてもまだ開いている。

20230123-7.jpg

その後、メタルジグの重さでゆっくり少しずつ閉まる。出ていくときは前足でちょんちょんやって開けるので、それも問題なかった。完璧だ。これなら猫でも大丈夫ではないだろうか。

20230123-8.jpg

たった500円で自動ドアが完成した。もう毎回ドアを閉めに行かなくていい。

20230123-9.jpg

もうドア開け魔も怖くない。










<連載>

『犬のはなし』も更新されました。
「基本的に犬のほうが正しい」





<お知らせ>
この前BSプレミアムの取材を受けたんですが、それが今週オンエアされるそうです。何軒かのうちのひとつなのでちょっとだと思いますが、見てね。

1月27日 19:00〜19:15
「『旅屋おかえり』を旅する! 長野県茅野市・原村」





あと、デロリアンズ通信Vol.855を配信しました。




※メルマガ配信希望の方は
『メルマガ登録・解除はこちらから(無料)』でメールアドレス登録してください。


『インスタグラム』でちょいちょい大福動画をアップしています。





この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  Another Daysの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

hiroe

すご〜い!!
ルアーフィッシングで沈めてジギングする、あのメタルジクですね!ウチにもあるわ〜!!
でも今は犬猫家族いなくて……🤣

ぱんだ

スウィングドア
フックと錘かぁ、考えましたね。
我が家はゴム式です。ドアが完全に閉まらない、かつ、開けるときに前足をかけやすいようにストッパーかませてます。
お高い自動ドアも検討しましたが、如何せん我が家にはサイズが合わなかった。

あと、考えていたのがスウィングドア。前にも後ろにも開くやつ。
が、これまた間口の構造上断念。

まるたゃん

ぜひ動画で
開けて閉まるところまで、動画で見たいです!

たかか

門番
昔々、貧乏侍の家では門番なんかいないので、こんなふうに門に紐を渡して、先に水を入れたとっくりを重りにして門を閉めていたそうです。で、貧乏なお侍のことをとっくり侍と言っていたとか。
うちも猫が戸を開けるのでゴムを渡していましたが、こっちの方が使い勝手が良さそう。作ってみようかな。

みん

穴澤工務店!

すごいよ! 職人さんだよ!!
非公開コメント

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

関連サイト

いつでも里親募集中! 富士丸な日々

月別アーカイブ