再会のリアクション


20220321-1.jpg

週末、山に残していた大福と約一週間ぶりに再会した。短い期間だが、私は『なんとなく暇』だったからその日を心待ちにしていた。しかし彼らは「やぁやぁ」くらいのリアクションだった。

20220321-2.jpg

千切れんばかりにお尻ごとしっぽを振り狂喜乱舞するとまでは思っていなかったが、まさかこんなにあっさりしているとは。意外にクールなのね。まぁ嫁もいたし、寂しくはなかったんだろう。

20220321-3.jpg

一週間しか経っていないが、さらに山は春めいていた。昼間はストーブをつけなくても平気だったらしい。たしかに晴れると暖かい。

20220321-4.jpg

と、思っていたら土曜の午後から雪が降り始めた。4月くらいでもたまに降るが、暖かくなったし積もらないだろうと思っていた。

20220321-5.jpg

が、翌朝起きたら10センチくらい積もっていた。犬飼いとして雪が積もるのは嬉しいが、今年は結構雪かきが大変だったから、この程度で良かった。

20220321-6.jpg

この程度だと、鼻から突っ込めないからこの人は不満そうだったが。









<連載>
『犬のはなし』も更新されました。
「犬がいない暮らしの記憶」








この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  Another Daysの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

Autumn winds

「あれ?父ちゃんがいる」
「いるなら、見てて」
程度ですねえ…。
大福ズ、父ちゃんはとても寂しがっていたのだよ。

鼻ズボできない福ちゃんの不満顔!
もう春なんだよ〜

とーり

不満顔の福ちゃんかわい~♪
非公開コメント

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

関連サイト

いつでも里親募集中! 富士丸な日々

月別アーカイブ