山の家補修計画24


20211115-1.jpg

山の家に作ってもらっている『小さい仕事部屋』がちょっと進んでいた。基礎を補強して、床を貼る前の骨組みが出来ていた。ここから細かく根太を入れて、その上に床板を貼っていく。さらに床下にも壁にも断熱材も入れてくれるという。素晴らしい。

20211013-4_2021111512072260b.jpg

感動したのは、真ん中に立っていた柱がなくなっていたことだ。左面に机を置くとしたら、座ったときの背中あたりに柱が来て狭いけど仕方ないかと諦めていたのになくなっている。しかもただ切ったのではなく、柱にかかっていた重みがちゃんと分散するよう計算し、天井に新たな柱が増えていた。すごい。

20211115-2.jpg

ちなみに、ここにドラムセットを置いて、ギターアンプはここで、エフェクターボードなどを配慮し電源はここに欲しいというイメージ図を大工さんに渡して、それを元にやってもらっている。スタジオではなく仕事部屋だけど。これは先々週のようすだから、次はどうなっているのか楽しみだ。

20211115-3.jpg

問題は防音効果だが、分厚いベニヤ板と密度の濃い断熱材を使うし山だから大丈夫じゃない?とのこと(大工さん宅にもドラムがある)。爆音で鳴らすわけではなくひとりで遊ぶだけだから、漏れたら内側に何か貼るか。仕事部屋だけど。ギターアンプはデカめのオレンジかハイワット、ドラムはグレッチがいいかな。

20211115-5.jpg

知らん。












<お礼>
20211115-7.jpg

13日に西宮阪急の『ハロードッグ』にわざわざお越しくださった皆さん、ありがとうございました。色々話せて楽しかったです。すごくフレンドリーだったと周囲の人に言いふらしておいてください。

しかし知ってる西宮とすごく変わっていて驚いた。20年ぶりにあの店の手羽先を食べに行った感想などはまた近いうち『DeLoBLOG』にでも。







<お知らせ>
連載『犬のはなし』も更新されております。
「八ヶ岳の紅葉スポット」



あと、デロリアンズ通信Vol.733を配信しました。



※メルマガ配信希望の方は
『メルマガ登録・解除はこちらから(無料)』でメールアドレス登録してください。


『インスタグラム』でちょいちょい大福動画をアップしています。





この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  Another Daysの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Keiko

父ちゃんの楽しみも 入れなくっちゃね♪

AutumnWinds

丸い
仕事部屋なのか趣味部屋なのか…。
福ちゃんも丸くなって「知らん」ですよね〜。
大福のいる場所はもちろんあるよね?


恵比寿に「羅家 東京豚饅」という551蓬莱の同列店ができるそうですよ。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000030945.html

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

ランス

いや、本当にフレンドリー
山の家の仕事部屋は完成が楽しみですね。
言いふらすまでもなく、とってもフレンドリーでしたよ。
楽しい時間を過ごさせて頂きました。

M&P

西宮阪急
 私もかなりのヒトミシラーなのでドキドキで穴澤さんに会いに行きました。
サインをいただいた後グリップボウルのセットを買ったのでこれから人間が使う予定です。
(琵琶湖の話をしたおばばより)
非公開コメント

スポンサードリンク

カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

月別アーカイブ

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。