ウッドチップとの闘い


20210906-1.jpg

ウッドチップを運ぶ作業が終わらない。この前『ドッグランでの仕事風景』でも書いた通り、10往復してもまだ道路脇に積まれた山が半分残っている。きっと雨を吸って重たくなっているだろう。嫌だけど、やらないと。

20210906-2.jpg

そもそもなぜドッグランにウッドチップを撒く必要があるのか。最初は一面にクマザサが生い茂っていたのを何度も草刈りして走れる場所を作ったが、土がむき出しになった状態ですぐに足が泥まみれになる。

20210906-3.jpg

さらにタヌ吉は『跳躍力は妙にある』のにバランス感覚がないのか、すぐ大吉にコロコロ転ばされる。すると全身ドロドロになる。特に雨が降った後はひどく、遊んだ後に拭くのが大変だった。

20210906-4.jpg

そんなときに倒木により危なそうな木を伐採することになり、業者さんが伐採した木をウッドチップにして撒いてくれるというのでお願いした。しかしそれでは足りずに追加で撒いている。

20210906-5.jpg

ウッドチップが程よいクッションになるのか、彼らも楽しそうに駆け回っている。相変わらず草刈りも大変だが、この状態をキープするために、もうひと頑張りしようと思う。

20210906-6.jpg

掘るな。








<お知らせ>
連載『犬のななし』も更新されております。
「水を極度に嫌がる犬」



あと、デロリアンズ通信Vol.716、717を配信しました。



※メルマガ配信希望の方は
『メルマガ登録・解除はこちらから(無料)』でメールアドレス登録してください。


『インスタグラム』でちょいちょい大福動画をアップしています。





この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  Another Daysの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

Keiko

福ちゃん 自由だなぁ♪モコモコのフットボールの球みたい。
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ