山の家修繕計画17


20210628-1.jpg

この週末、山の家に行くと大工さんに頼んでいた『キッチンカウンター』が出来ていた。素晴らしい。ここからは私の仕事だ。まずはオイルステイン(臭いのない「いろは」)を塗っていく。

20210628-2.jpg

うん、なかなかいい感じになった。これで水も染み込まないし、耐久性も増す(後で天板には熱に強いウレタンニスを塗る)。

20210628-3.jpg

正面にはクロスを貼る予定だったので、ベニヤ板にしてもらった。ここのビス穴をパテで埋め、乾いたらサンダーをかけて下地処理をする。

20210628-4.jpg

あとはクロスを貼ったら完成。キッチン周囲と同じ『ブルーグレイ』を貼ったが、暗いところと明るいところでは見た目が変わるんだな。まぁいいか。

20210628-5.jpg

カウンター下にはゴミ箱もしっかり収まる。可燃ゴミ、プラ、缶瓶、ペットボトルの分別だと結構場所を取るからこれですっきりする。

20210628-6.jpg

せっかくだから、キッチンの黄ばんだ白い扉に木目シールを貼ってみた。プロの技は『インスタ』でご覧ください。

20210628-7.jpg

キッチン左奥にはL字の棚も作ってもらったので、そこに間接照明を仕込んで、鍋とか酒を無意味に飾る。これでリノベーションもだいたい出来たかな(あとは客間の和室などをゆっくり)。

20210628-8.jpg

広いキッチンカウンターが出来て何がいいかというと、焼鳥の仕込みがしやすくなったこと。

20210628-11.jpg

これでもっと腕を上げていかないと。そう思ってTシャツを作ってみた。

20210628-10.jpg

どこに行こうとしているんだろう。











<お知らせ>
連載『犬のはなし』も更新されております。
「思い出の水族館」



<お知らせ2>
連載『悩んで学んだ犬のこと』も更新されました。
「犬の世話をしているようで、実はされている?」




<お知らせ3>
品切れしていた『犬用ベッドパーツ』を入荷しました。




<追伸>
「寄生虫博士」として知られる藤田紘一郎さんが亡くなられたと今知りました。実は寄生虫だけでなく免疫学の権威でもあり、若い頃からファンで本をずっと読んでいて、ついには『共著』を出させてもらい、昨年はDeLoBLOGで『新型コロナ』のことを聞きに行ったのときはお元気そうだったので訃報に驚いています。色々なことを教えてもらったので、すごく感謝しています。あぁ、また会えると思ってたのに。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  Another Daysの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

8キロのシュナ

ビフォーアフターで見てみると、別の家かと思うほど変わりましたね! こんなにおしゃれになった山の家で、これからは焼き鳥の匠を目指して頑張って下さい。

藤田先生のご冥福をお祈りいたします。

Keiko

大将、仕込みがスムーズで楽しそうですねw

loverakku

父ちゃんに感化されて、
藤田先生の著書を読んだりしました。
優しそうな笑顔が素敵な方でしたね。



中途半端な関西人

ひゃぁ〜っ!
「ここはどこ?」
「私は誰?」

-

穴澤さん…?
TOKIOのリーダーかと思ったよ
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク