焼鳥修行2021春


20210512-1.jpg

山の夜はまだ少し寒いが、テラスで焼鳥修行を再開した。ちなみにこれは焼鳥の前に焼いている大福用のゴハン。鉄皿は仕込みで出た端切れで、モモ肉は網焼きに、人間はシャウエッセンでビールを飲む。

20210512-6.jpg

それが焼けたら、焼鳥スタート。ねぎま、豚しそ梅、手羽先。炭の様子と塩加減が難しい。

20210512-3.jpg

大福用が冷めたら、食べやすいよう手でほぐして完成。

20210512-4.jpg

「できたよー」と言っても、相変わらずテンションの低い大福。

20210512-5.jpg

お、食べとる食べとる。

20210512-2.jpg

そして私は修行を続ける。継ぎ足し継ぎ足しでタレもなかなか育ってきた。あいつらは完食したかなー。

20210512-7.jpg

残しとるがな。せっかく炭火で焼いたのに。ま、いつものことだけど。

20210512-10.jpg

その他にも色々焼いて、焼鳥丼で〆る。久しぶりにやったが、仕込み方、焼き方、塩加減、タレの深みなど、まだまだ学んで改善すべきことが多い気がする。さて、何からやろうか。

20210512-8.jpg

とりあえず、光る看板を作ってみた。雰囲気も大事だしね。











<お知らせ>
20210512-9.jpg


『羊の国のラブラドール絵日記シニア!!』『ゆうさん』の本が出ました。その名も『羊の国のラブラドール絵日記シニア』。当時のエピソードや苦労話など盛りだくさん。あっちはのどかそうだなぁ。





この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  Another Daysの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

犬飼い見習い

焼き鳥屋の開店が冗談ではなくなってきましたね(笑)。

8キロのシュナ

久しぶり?
最近は焼き鳥やってないのかなぁと、ずっと気になってました。柏のイベントでお会いしたときに聞こうと思ってたけど忘れてしまったし。久しぶりの焼き鳥すごく美味しそうです。私も焼き鳥修行始めてみようかな?炭火焼き鳥大福2号店オープンを目指して。

jakob

いったい
どこに行くのでしょう。
行き着くところまで見守りたいと思います。

Keiko

焼き鳥丼 美味しそう。豚しそ梅も美味しそうだなぁ。

おお、贅沢な、残してはる。
そういうもんですよね、お口が肥えてありがたみが分からん。

光る看板、色合いが昭和。父ちゃん外側から入るタイプですね。

Autumn winds

美味しそう…。大福ズが羨ましい!

にしても、また形から。
そしてランプ(?)が増えてる🤣

豚紫蘇巻き

スキレットがあるならば…。アヒージョにも挑戦してもらいたい…。炭火で焼いたフランスパンの美味しさを体感して下さい!ワインも飲める焼き鳥屋!
しらすとか、ホタルイカのアヒージョ美味しいですよ!

ミネコス

穴澤さんのブログの影響もあり、そのうち湘南方面に移住したいと妄想中です(腰越あたりは高い・・・)。
移住後行きたいお店リストに「炭火焼き鳥 大吉」も入ってるので、実現よろしくお願いします^ω^
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク