作品「山の家で遊ぶ大福」


20210406-1.jpg

嫁に絵が下手だと言われたのが心外だった。私の画力をなめてもらっては困る。洞察力、デッサン力、その緻密さを知らないらしい。そこで本気を出して「山の家で遊ぶ大福」を描くことにした。

20210406-2.jpg

しっかり鉛筆で下書きをして構図を考える。その上からペンで描いていく。そして「AKIRA」や「童夢」ばりに細部まで描き込もうとする。

20210406-3.jpg

が、思った以上に駄目だった。途中で心が折れて適当になるし、雰囲気でありもしない木を描いてしまった。力尽きて大福にいたっては下書きなしの落書きレベル。

20210406-4.jpg

ちなみに黒い丸に「何これ?」と思うかもしれないけど、ボールね。しかしひどいな。足とか適当すぎる。

20210406-5.jpg

しかも耳が逆だった。










<お知らせ>
4/9〜12、4/16〜19の8日間、愛媛・伊予市の街道沿いに佇む、古民家ギャラリー&ショップ「ギャラリーこごみ」さんで開催される『ichimaruni展』『DeLoreans』のお散歩帆布バッグシリーズが並びます。





<お知らせ2>
4月10・11日に代々木公園で開催される『わんわんカーニバル』『DeLoreans』で出店します。両日とも、私と長嶋、平田がブースにいる予定です。

※ショップリストには掲載されていませんが「オーガニック・コットンのミュッター」に間借りしています(駒沢公園と同じパターン)。




あと、デロリアンズ通信Vol.682を配信しました。


※メルマガ配信希望の方は
『メルマガ登録・解除はこちらから(無料)』でメールアドレス登録してください。

『インスタグラム』でちょいちょい大福動画をアップしています。








<酒の肴話>

20210406-7.jpg

今が旬のホタルイカ。生のホタルイカが並んでいたら、しゃぶしゃぶで食べてみよう。(出汁は昆布でOK、その他の具材はお好みで)

20210406-8.jpg

ポイントは「生姜ポン酢」。チューブではなく、生姜をおろして強気で入れる。

20210406-9.jpg

あとはしゃぶしゃぶするだけ。火の通り具合はお好みで。この食感は他では味わえないし、これまた酒に合う。

20210406-10.jpg

生ホタルイカが並ぶのはゴールデンウィークくらいまでで、今を逃すと来年まで食べられないから、この時期にぜひ。






この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  Another Daysの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

うそつきレオン

山の家、不思議な立体感ですね。
正面に見えるようで、左側が手前に出てるような…
だまし絵みたい笑
大福はテキトーな割に2人の感じがよく出てると思いまーす。

まー

ありもしない木 と 黒丸ボールで
大笑いしていたところに
耳が逆 で、とどめを刺されました
お腹痛いー!!(^0^)

生ホタルイカのしゃぶしゃぶ
美味しそうですね
やってみよう

Keiko

才能あり?なし?
山の家は緻密ですのに…なんで ワンズは漫画?
わかわかめ 判定不能の才能ですやん。
大吉君 顔デカイ。
動物は全体描くの難しいですよね。

ゆずの村、相変わらず活躍してますね。
家は飲むほど ポン酢使うので、ゆずの村は贅沢品。
楽しみにいただきます。
ホタルイカと菜の花のパスタが私の春の好物♪
連れ(元料理人)が作ってくれるパスタ最高です♪

8キロのシュナ

巨匠?
鋭い洞察力と力強いデッサン力がもたらす緻密に計算されたフリからのオチ…
コーヒー吹いて液晶がびしょびしょです。巨匠誕生!

よしよし

うーん
穴澤画伯の絵は、見て直ぐに分かります。
昔と変わらないで何故かホッとしています。 
これでいいと思います!

生のホタルイカは手に入らないです。
食べてみたい。
富山県のボイルしたホタルイカを酢味噌で食べています。

もん

え~ 上手だと思うけど
(本気です)
耳はちがったかもしれないけど
ちゃんと 大福って わかるよ~
色を入れてみたら もっと いいと思う

Camel

あの少ない線で大福ちゃんの雰囲気、楽しそうに見えるところがすごい!
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク