タヌ吉に共感する点


20201116-1.jpg

この週末は久々に『Ven!Kitchen&Dog Garden』に行ってきた。ここは『DeLoreans』のグッズも取り扱ってくれているので、挨拶をかねて様子を見に行ったのだ(混雑を避けるため現在は事前予約制)。併設されているドッグランに入ると大喜びの大吉。

20201116-2.jpg

先にいた犬たちにもフレンドリーに挨拶する社交的な大吉。。

20201116-3.jpg

大吉がすごいと思うのは、自分より大きな相手でもまったく怯まないところ。

20201116-4.jpg

そして気の合う相手だと、しっかり遊ぶ。どうして初対面の犬とそんなすぐに打ち解けられるんだろう。

20201116-5.jpg

いっぽう、知らない人が多く集うところで積極的に絡むことは決してなく、自分の居場所が見つけられず、気配を消してひたすらこの場をやり過ごそうとするタヌ吉。

20201116-6.jpg

めっちゃ分かるわぁ、その気持ち。

















<お知らせ>
『犬のはなし』も更新されております。
「山の家での苦行」





この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  Another Daysの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

meg

私も〜!笑

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

てんてん

犬ミシラーなタヌ吉くんと、人ミシラーな父ちゃん。
分かり合える相手がいてよかった。

(ワタシも人ミシラーです)

Keiko

う~ん、なんでや!

自然体といえば自然体 無理はしないのね。
けど、ちょっともったいない気がします。

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

みち

タヌ吉、自分と同じ過ぎて笑ったw
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク