ドッグランにウッドデッキを1


20200925-1.jpg

ドッグランにウッドデッキを作ろうと思った。ここにリクライニングチェアーを置いたら、遊んでいる大福を眺めながらゆったりくつろげる「憩いの場」になるのではないかと考えたのだ。とはいっても、いちから作るのは大変そうだ。

20200925-2.jpg

そしたらウッドデッキキットがあるのを知り、買ってみた。これならすでに完成したものを並べて、同梱されている足を取り付けるだけでいい。

20200925-3.jpg

DIY的には邪道かもしれないが、材料から組み立てるのとそんなに変わらない金額だし、何より手間が省けて楽だ。きっとこれを自分で作ると、えらいことになるし。

20200925-4.jpg

3枚セットを2組買って並べたが、当然ながら下がウッドチップなので安定しない。下に基礎石を置いて、高さを調整して、しっかり安定させないといけない。

20200925-5.jpg

でもやり方が分からない。これから調べるか。そして冷静に考えたらもうすぐ寒くなり、冬本番になれば氷点下になるからウッドデッキを作ったところでくつろぐ余裕もなくなる。さらに雪が積もれば木が傷むだろう。あれこれ詰めが甘すぎる。

20200925-6.jpg

来年春にやるべきだった。



















<お知らせ>
この前のオンライントークイベントがしばらくアーカイブで見られます。






<お知らせ2>


また、5000円以上のお買い上げで『大福ショッピングバッグ』(限定200)プレゼントキャンペーン開催中。

※自動で同梱されるわけではないので、ご希望の場合は忘れずにカートに入れてください。

※ご希望の方には、あると便利な『マナーボトルキャップ』も同梱しますので、こちらも忘れずにカートに入れてください。



『寄付報告』のページを更新しました。


あと、デロリアンズ通信Vol.625を配信しました。

※メルマガ配信希望の方は
『メルマガ登録・解除はこちらから(無料)』でメールアドレス登録してください。

『インスタグラム』でちょいちょい大福動画をアップしています。





この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  Another Daysの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

DIYER

見えます.....
とうとうログハウスを自力で作ろうとしてしまうあなた様の姿が....

Keiko

でっかい物が簡単?に作れるんですねー

ま、ひと冬こしたら耐久性も分かるわけですし
まだまだ 大福ちゃんを眺める機会はありますよ。

お尻冷えるかもしれませんけど。

父ちゃん、すごくおっとり系かと思わせて
即実行型なんですね♪
若さの秘訣、元気の元ですやん♪

まよ

いいですねー
気持ちよさそうです

しかしウッドデッキは仮の設置で良いと思います

どうせ と言っては失礼なのですが
冬になれば雪が積もるのですから腐りやすくなりますよね
だから 山の家に来た時だけ外へ出して使用する
仮であれば使わない時は風雨が当たらない場所に置いておけますよね
そうすれば 毎年 好きな場所にウッドデッキが作れますよ

らふぃ

ウッドデッキ
先日のオンライントークイベントはお疲れ様でございました❗リアルタイムで拝見しました。穴澤さんの話すお姿に感激✨謎にクッションを舐め続ける大吉くん、何度かフレームアウトしようとするも穴澤さんに留められていた福助くんに癒されました✨
ウッドデッキは、冬の間(使わない時)はブルーシートか何か被せておいたらいかがでしょうか?少しは劣化を防げるかと思います。

中途半端な関西人

言葉失う
父ちゃん……



追伸
年を経て、ヒトミシラー卒業した父ちゃん!
ヒトは幾つになって変わることが出来る、の巻 www

masako

トークイベント楽しかったです。
大ちゃんも福ちゃんも父ちゃんの言いなりで
おりこうさんです。
ずっとクッションをなめていた大ちゃん、
可愛かったです。

富士丸の映像もあって懐かしさでいっぱいに
なりました。

竹脇さんが随分がんばってくれていましたね!

猫ちゃんたちの鳴き声も入っていて、それも可愛い!!


ありがとうございました。

非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク