海の写真が少ない理由


20200911-1.jpg

毎朝、近くの砂浜を散歩しているが、そのわりに海の写真が少ない。理由はいくつかあり、まずひとつは一眼レフを持っていくのが重たいから。もうひとつは大福が非協力的なこと。カメラを向けてもだいたいそっぽを向く。

20200911-2.jpg

用を足すのを待ち、終わってから「ちょっとそこに座ってみて」と言うと、露骨にだるそうな態度になる。

20200911-3.jpg

彼らが砂浜にときめくことはない。慣れたからではなく、最初からだ。海とかどうでもいいらしい。ただ、砂浜でしかウンチをしないから行っているだけで、彼らにとっては「用を足すところ」くらいにしか思っていないようだ。

20200911-4.jpg

済めばさっさと帰りたがる。砂浜を嬉しそうに駆け回ることもない。泳ぐどころか、タヌ吉は足が濡れることさえ嫌がる。そんなときにカメラを向けても面倒臭がられる。

20200911-5.jpg

そして毎回「早く終わらないかなぁ」と遠くを見る写真になる。





















この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  Another Daysの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

ミネコス

理想と現実
海なし県に住んでいて、いつか海辺に住んで大型犬を飼って浜辺を散歩したいと憧れてましたが、これが現実なんでしょうね。でもこの脱力感もまたちょっと幸せそうです。
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク