手作りササミジャーキーに挑戦


200313-1.jpg

家で簡単に手作りジャーキーが作れるマシンがあるというので、早速導入してみた。それがこれ、「回転式フードドライヤー」。本来はドライフルーツ用だが、このようにササミを並べてタイマーをセットすれば、ジャーキーも出来るらしい。

200313-2.jpg

トレイは5層ほど重ねられるようになっているので、ドライフルーツも作ってみることに。

200313-3.jpg

あとは蓋をしてタイマーをセットするだけ。グルグル回りながら、中で温風が出ることで乾燥していくらしい。鶏肉とフルーツの香り、どっちがどうなるのか知らない。失敗したら教訓にすればいいか。

200313-4.jpg

4時間くらいで、わりといい感じになったように見える。が、触るとまだちょっとプニプニしている。ひとまず試食でもしてもらおうか。

200313-5.jpg

リアクションが薄い。興味はあるが、食べようとはしない。

200313-6.jpg

口元まで持っていくとタヌ吉は食べた。が、全然嬉しそうではない。

200313-12.jpg

大吉にいたっては、食べやすいよう細かくしても顔を背ける。人がせっかく作ったのに、一口くらい食べようよ。君がそういう性格なのは知ってるけど。もしかして、マシンを買ったこと自体が失敗だったか。

200313-7.jpg

夜中もタイマーをかけて乾燥を続けたら、翌朝にはこんな感じになっていた。なんだかジャーキーっぽい。さて、彼らの反応は。

200313-9.jpg

おぉ、タヌ吉の食いつきも違う。前のめりになっている。

200313-8.jpg

そして大吉も食べた。食に執着心のない彼が喜んで食べるということは、このササミジャーキーは合格なのだろう。

200313-11.jpg

いつか「炭火焼鳥大福」をオープンしたときの犬メニューに加えよう。


















<補足>
200313-10.jpg

ドライフルーツも美味しくできました。放置すればいいだけなので、ドライフルーツ好きの人はぜひお試しを。













あと、デロリアンズ通信Vol.570を配信しました。

※メルマガ配信希望の方は
『メルマガ登録・解除はこちらから(無料)』
でメールアドレス登録してください。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  Another Daysの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

ももちゃんママ

やっと!
三度目の正直で『犬の笑顔が見たいから』買えました!!!
残りあとわずか、って表示されていたので焦って手続きしたら
購入完了。
その後でもう一度サイトを見たらSOLD OUT!
私が最後の1冊を射止めた?!
届くのを楽しみにしてます!

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

ノアノア

ササミは麺棒とか瓶類などで、うんと薄く延ばしてから作ると、早くカラカラのジャーキーになりますよ。

よしえ

天日干しだけど
茄子をドライにすると、美味しく化けます。煮物にどうぞ!

Keiko

時間ですか?フルーツの香りは移らなかったですか?

面白そう いっぺんに仕掛けられるのもいいですね。

友人は、燻製に凝ってます。いろんなもん燻してくれます。
これも見せてみようと思います。

ウーロンママ

ささみジャーキーなら
オーブンで余熱なしで160度で1時間。
冷めるまで、蓋を開けずに放置。
我が家はこうして作っています。

アデルの主

四角くて回らないやつ持ってます(★´∀`)ノ
わー♪購入されたんですね♪♪
我が家は安売りになった鶏むね肉でよく作ります。
皮と脂肪のついてる部分は人間様が焼いて食べてます(*´∀`)。
あとスナズリもお勧めですよ❤。市販品のようなものが出来ます!
あと近所に牛のレバーとヤオギモが安く入手できるスーパーが有り、
これは一度茹でてから薄くスライスして乾燥してます。
トレーニングトリーツとしてとても重宝してます(★´∀`)ノ

水分が残っていると時期によってはすぐにカビが生えるのでご注意を★
からっからに乾燥してると長期保存可能です。

あと人間様用にお勧めなのは
生姜、シイタケ、ニンニク、パセリ、トマト♡♡♡。love保存♡
と言ってたら作りたくなってきたので食材買ってきます!
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク