大福の冬支度


191218-1.jpg

毎年のことだが、なぜか大吉は冬になると毛が抜けて貧相になる。夏毛と冬毛が逆転している疑惑がある。

191218-2.jpg

室内で暮らしていると換毛期がだらだらと続き、年中毛が抜けるというが、逆転することなんてあるんだろうか。

191218-3.jpg

いっぽう、左の人は冬支度がバッチリなのか、この頃どんどん丸くなっている。

191218-5.jpg

羽毛でも生えているんだろうか。


















<お知らせ>


『播州織ストール』の新色「桜」と「紫」も昨夜発売開始しましたが、速攻で完売しました。低速織機のためたくさん作れずすみません。次回入荷まで少々お待ち下さい。


あと、デロリアンズ通信Vol.539、540を配信しました。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  Another Daysの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

Keiko

福ちゃんは無邪気に季節にも逆らわない感じ?
寒いから増毛してまん丸に。

大吉君はマイペース 自分のサイクルに合わしてる感じ。
それも個性ですかね♪


まるあ

ウチの子も今、肉割れならぬ毛割れができはじめ
フワフワ毛がぼそぼそと抜けてます。

でも 首輪は夏よりワンサイズupするんですけどねぇ笑笑

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

ゴールド

なるほど。
確かに大ちゃん、なんだか一回り細くなった様な…。冬はお洋服着ないと寒いですね。
福ちゃんは一段ともふもふ(*´∀`)
我が家も今年の夏はだらだらと毛が抜けていた気がします

妖狛イヌ

ウチのこはるも
秋冬に向かう頃に、被毛がゴッソリ抜けてホッソリします。 が、さすがに1月にはアンダーコートのボリュームが増してきてホッとします。
「うちのこタオル・ハーフ」オーダーしました。

ようこ

こんにちは。足掛け10年以上穴澤さんのブログや著作のファンの者です。

富士丸な日々を読んでいた頃は大阪に住んでおり、関西出身の穴澤さんにひそかに親近感を沸かせておりましたが数年後転勤で東京に移り住み、今は初台で働いていてまた勝手に親近感を感じております( *´艸`)
そしてやっと先日かわしまさんに初訪しました。
書いておられた通り天ぷらがすばらしく美味しく、お蕎麦も香り高くのど越しよく、同行した同僚も大喜びでこれから通うと思います(*´ω`)
良いお店を教えていただきありがとうございました。

また、7年前から保護犬サイトで見つけた雑種犬と暮らしていますがそれも穴澤さんのブログや本の影響です。

何だか勝手にいつもお世話になっております(*´ω`)

寒くなってまいりましたのでお身体どうぞお気を付けください。

みみ

半分。
三枚目の写真で、大吉くんは福ちゃんの半分の幅しかありません。寒いからセーター着ないと、ね。
福ちゃんの呼ばれ方が「左の人」になりましたぬ。
「タヌキ」→「タヌ吉」→「タヌ」を経て…。
でもどの呼び名も穴澤さんの愛情たっぷり♥。
大福も丸ちゃんも大好きです。

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

AutumnWinds

今年の大吉っちゃんはモフモフだと思ってたのに、福太郎と比べるとガリガリさん…。
福太郎は羽毛なのか〜。来年は羽根生えるかな?
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2019年11月号 Vol.112

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク