大福の災難


190624-1.jpg

土曜日の朝、慌ただしく出かける準備をしていると「もしかして、出かける?」と嬉しそうな顔をする大福。相変わらず鋭い洞察力だねぇ。

190624-2.jpg

どこへ行くのか読めないのが、鈍いけど。そんな「聞いてないよ」みたいな顔されても。勝手に期待したのは君たちだから。

190624-3.jpg

この日は狂犬病の注射を打つだけ。いつものように大吉は観念したのか大人しくじっと耐える。雷と花火はあんなに怯えるのに、偉いねぇ。

190624-4.jpg

いっぽう、自分の番が回ってくると必死で抵抗するタヌ吉。病院が嫌いで嫌いで怖くて怖くて仕方ないようす。

190624-5.jpg

大丈夫だって、と声をかけてもなんとか逃げようとする。雷も花火も全然平気なのに、病院だけはダメらしい。

190624-6.jpg

どんなに抵抗しても無駄だけどね。すぐ終わるから、ちょっとだけ辛抱しなさい。

190624-7.jpg

獣医さんも優しく声をかけるが、彼にはまったく届いていない。いつ診察台から飛び降りるかわからないから、しっかりガード。

190624-8.jpg

すると自分から脇に顔を突っ込んでくる。全然隠れられてないけど。

190624-9.jpg

はいはい、一刻も早くここから逃げないとね。













<お知らせ>
『“カイチュウ博士”藤田教授に聞いてみた』
第5回〜花粉症は治らないはウソ!?
がアップされました。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  Another Daysの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

Keiko

No title
あああ せっかく期待してたのに残念でした!

福ちゃん、粘りますねー
むかーし、飼い犬の狂犬病の注射の時、
両のももでしっかり押さえて注射してもらった!
たしか、小学生でした。ほんの一瞬なのに
すごく恨めしい顔されました。
可愛かったなぁー

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

かいママ

今回も見事に騙されちゃったねー^_^
お気の毒^_^ サッサと帰ろうの2人の姿が可愛いなー 福ちゃんの顔隠しも^_^
2人ともよく頑張りました(^^)

あじさい

No title
あまりにも福ちゃんらしい(*^o^*)
あまりにも意外でないんだもん。いつか大人顔で注射できるかな。
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク