犬たちと四国旅3〜仁淀ブルー


190524-1.jpg

『四万十川のほとり』で一泊した後は、仁淀川に移動。そう、順ちゃんの奥さんの『インスタ』を見て高知に行ってみたくなったのは、この川の透明度と青さだった。それは「仁淀(によど)ブルー」と呼ばれ結構有名で、行楽シーズンになると多くの人が訪れる人気スポットらしい。

190524-2.jpg

ただ、この日は連休明けの平日だったので、ほとんど誰もいなかった。そして、雨が少なく水位も下がっていて、曇りだったため、思ったほど青くはなかった。それでも実際に見ると、めちゃくちゃ綺麗な川だった。

190524-5.jpg

なんでも、いつ行っても青いわけではなく、水の量と光の関係で青く見えたり見えなかったりするらしい。騙されたと思って「仁淀ブルー」で画像検索してみて欲しい。びっくりするほど青いから。

190524-6.jpg

いつも青いわけではないのがまたいいよねぇ。また来年も見に来てみたいなと思う。そして水の色はもちろん、川遊びにもまったく興味のない大福コンビだった。

190524-8.jpg

嬉しそうだったので、それはそれでいいが。













<補足>
190524-7.jpg

最終的に景色より真剣に魚影を探す私。

あと、デロリアンズ通信Vol.469を配信しました。


<デロ通について>
メルマガが突然届かなくなったり、届いたり届かなかったりするのは、キャリアの方で自動ブロックされている可能性があります。そんな場合はスマホで「info@deloreans-shop.com」からのメールを受信出来る設定にしてください。恐らくそれで解決するのではないかと思います。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  Another Daysの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

みち

場所によって、青さや透明度が違うんですよね~!
自分も関東住みで、愛犬と少し南へ弾丸旅行(爆)しましたが、海が違いすぎて驚いた!

四国まで長距離を車で移動中の大福の様子とか、
帰りのフェリーの中の様子とか色々知りたいです!

LEON

摩周ブルー
北海道、裏摩周の「神の子池」の青も強烈ですよ。
オショロコマの魚影も確認できます。

たまこ

No title
犬って川があったら突入していくものと思ってました・・・。大福くんたちは海も川も嫌なんですね。水が嫌なのかしら〜?

かいママ

まったく興味のないところがまた可愛い(^^)
二人とも楽しめてよかったねー!!

AutumnWinds

No title
綺麗ですね。飛び込みたくなっちゃう。泳げないけど。
大吉っちゃん、それでも水際まで近づいてますね。ちょっとは気になったのかな。もっと暑かったら入ったかなあ。福ちゃんはリュック背負っている間は入っちゃダメだよ。
そして父ちゃんさんはお魚見つけられましたか?

ぽちち

よさこい!よさこい!
父ちゃん、南国土佐へようこそ!
土佐路を満喫されてて嬉しいです。
ブログの中で鍋パーティー写真の傍に「馬路村ゆずぽん」を見つける度に、土佐人は密かにガッツポーズしてました。
大福も一緒に来高されてて、感激感激!
会いたかったなぁ。

仁淀川は奇跡の清流と言われてます。
今度は是非「にこ渕」を訪れて頂きたいです。
きっと喜んで頂けるはず!!
(ネットでググッてみて!)
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2019年11月号 Vol.112

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク