腰痛に負けず


180903-1.jpg

週末、久々に山の家へ行ったら、ドッグランの雑草はそうでもなかったが、風で飛んできたのか折れた枝が散乱していた。そういうものは拾っておいた方がいいだろう。

180903-2.jpg

画像では分かりづらいかもしれないが、結構大量にあるので、隅々まで掃除するのは結構しんどい。かがんだり立ったりを繰り返すので、腰が痛くなる。

180903-3.jpg

でもまぁ、枝なんか落ちていない方が彼らも走りやすいだろうから、そんな弱音を吐いている場合じゃない。

180903-4.jpg

まったく感謝されていないが。














<お知らせ>
『犬のはなし』も更新されております。
「私の驚異的な回復力の謎」


<お知らせ>
デロリアンズ通信を配信しましたが、また件名を間違えて2通目のVol.390となっておりました。正しくはVol.391です(「台湾ウクレレ少年とキース・ジャレット」)、ごめんなさいよ。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  Another Daysの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

ちや

熊手
こんにちは。
熊手とか買ってみてはどうでしょうか。
これから落ち葉を集めるのにもいいかも。

らぶのままん

No title
文章も以前と変わられていないと思いますよ。
生きようとする力なんですかね。
ご無事で本当に良かったです。
脳って不思議だらけな細胞なんですね。

ごまだんご

必死で作業するオッサン(笑)に目もくれず!疾走感ハンパない!こんなに近くにいるのに あえての無視!どっちが飼われているのやら〜(笑)

takecyan

No title
お疲れ間様です。父ちゃん、えらい。
除草も枯れ枝拾いもこまめにやる事が
唯一のこつかと。
両手を使って、手早く終えましょう・・・。
なんて言うのは、簡単だけどね。
犬の手も借りたいですよね。
わんこ達が、生き生きしててよかった。

Keiko

復活!
その腰痛にもめげずに 枝集めしてる父ちゃんに感謝はしないが居てくれる事に安心してるデロリアンズのお陰かもですね♪復活は。
よくドラマとかである 感動の物語ですよ。
それをさらりと書いてしまう文章も かわってませんよ♪

犬飼い見習い

No title
大福兄弟が安心して走り回っているという事は、
もう大丈夫なんですよ!
でも、無理はしないでくださいね。

ひゅうがっち

No title
「セラピードッグ効果」という事で、必死の作業を無視しての疾走もよしとしますか!
それはさておき、「ケルンコンサート」!あれは最高!もう30年?35年?程前に聞いてた。
久々に聴こうかと思ってもカセットテープ!
なんとAmazonMuzicで聞けました。やっぱり最高!
レコード盤が欲しい!
「ケルンコンサート」を(すごくいいのよ)と言う父ちゃんはいたって通常営業よね!

平谷妙子

脅威のモフモフ力。
療法に使えそうですね!

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

かいママ

こんにちは(^^)
必至に作業する父の横をビューンってすまして走り去って行く大福ちゃんの姿に笑っちゃいました(≧∀≦) 良い写真だなー(^^)

のんこ

No title
土がふかふかして見えてなんか大福の足に良さそうですね。うれしくてしょうがない走りがかわい~。森林の香りが伝わってきます。森林浴は体によいのですよね~。
腰頑張れ。

ぴっぴ

無意識に…ふふ…
したい…
うちの猫を撫でると…
ガリッとやられて…
血を見ます…
オキシトシンどころか危機回避のアドレナリンが出まくり。
骨折や認知症になっても効果は期待できません。
その点大吉氏、福ちゃんは絶大なる効果を発揮&検証&確認済みの太鼓判押し!
羨ましいなぁ…

ノア

No title
大福の為でも働き過ぎ、だって飼い主が元気でいなければ犬の最後をみなければ。
私いつもそう思ってますよ、それにしても大けがしたと思えないほどですね。大福感謝してね。

ranmaru

もはや
単なる障害物としか認識されていないような(笑)

爆走する兄弟と障害ぶ。。もとい
父ちゃんさんをちょうど捉えるあたり
奥さまでしょうか、撮影がお上手ですねー。

てんてん

No title
父ちゃんに目もくれず、走り去っていく、大福兄弟。いいの、いいの。元気ならば(笑)
腰痛は大丈夫でしたか?

多美です!

お手伝いしたい~!
病み上がりの父ちゃんが、愛息たちの為に腰痛堪えてドッグラン整備している姿に、思わずホロリ…。 あ~あ、ご近所なら、直ぐにでもお手伝いに行きたいです。 私もワンコの為なら、2、3時間でも雑草取りを頑張っちゃいますもん。 でもね、父ちゃん、くれぐれもご自愛くださいね。 

AutumnWinds

No title
父ちゃんさん、枝とかは熊手で集めてテミに入れて運んだ方が効率も良いし、怪我の心配が少ないと思いますよ。
それにしても、清々しいほどに他人事ですね。大福兄弟。

父ちゃんさんの驚異的な復活のうらには、強力なアニマルセラピーが。
これは是非とも論文にして発表しなければ(笑)
そしてハゲが少なかったようで何よりです。お医者様の腕が良かったんですね、きっと。

かいママ

こんにちは(^^)
頭を大怪我してここまで回復出来た事は本当に奇跡だと思います。長生きして下さいね(^^)

なな

いつも思う、穴澤さんの【犬】と言う生命体への愛情の深さを。責任感を。

大福ちゃんは本当にしあわせだね。

富士丸くんもきっと山の中を一緒に、縦横無尽に、走ってるね。
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク