ビートルズの罠


170927-1.jpg

遂に、負けてしまった。これまで幾度となく「その手には乗らんぞ!」と魅力的な誘いを断り続けて来たが、今回ばかりは駄目だった。恐るべし、ディアゴスティーニ。そして、早くも2号目が届いた。

170927-2.jpg

じゃん、「ビートルズ・LPレコード・コレクション」。毎号ビートルズのLP(180g重量盤)が付いて、さらに当時のエピソードや写真を盛り込んだ冊子付き。うぅ、そんなの断れるはずがない。今回は「サージェント・ペパーズ」と「ラバーソウル」。

170927-3.jpg

自分でもアホだなーと思う。CDで全部持ってるのに、なぜわざわざレコードを買うのか。「いや、アナログの音は違うんだ」とか無理矢理肯定しようと思っても、家にあるのはオモチャのプレーヤーだし。でも、この大きさと質感がいいのよねぇ。

170927-4.jpg

どこに飾ろっかなー。













<お知らせ>
『REPORT』ページを更新しました。

あと、デロリアンズ通信Vol.285を配信しました。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  Another Daysの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Keiko

No title
大福ちゃん、観て、これが父ちゃんの原点やでー

噛んだらあかんよー

『ラバーソウル』幼い頃、誕生日に買ってもらいました!マセガキのワタクシです♪

Atsuko

No title
そうだ、そうだ、聴くもんじゃないの。飾るもんなんよ!ほ~ら、ひらきなおれば怖いもんなし!
これからだって、何だって買えるよ。
うちのツレがギター買うたんびに私の一言嫌味「い~っぱい手が生えてんだ。」ツレいわく、「誰が弾くって言った。飾っとくんだよ。酒のあてに…。」ねっ、開き直っちゃえば怖いもんなしさ~!

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

ちゃま

reportのページ
9.25に寄付したのは5月分の売上からですか?6月分の売上から?間違ってたらすいません😓仕事柄気になっちゃって(笑)

うさぎうま

レコード世代
(現在においては)レコードは飾るもの。噛むものではないのよ福ちゃん~。
「割れ物注意」のすぐ上だし。

穴澤

No title
ちゃま様
間違ってました!6月分からです。ご指摘ありがとうございました。

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

多美です!

let it be
正直に言います。 小学生の頃、初めてビートルズを聴いて、「LET IT BE」が「エルピー」に聴こえてました。 LPレコードの宣伝(LPを買ってね、という)だと思ってました。 そこのビートルズファンの貴方、怒らないでね。 まだ英語を習っていない小学生には、そう聴こえたの…。

青めがね

罠…
私はこれを『穴澤さんの罠』と我が家では呼ぶことにしています。
よかった我が家にはレコードはすでにある、と思ったけど、冊子付き、と知って慌てました…(汗)

ちなみに主人は、
『穴澤さんの世代はもうレコードじゃなかったんかな』とさびしそうに言ってました(笑)

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク