• 私の親心

    20211119-1.jpg

    最近、「うまいビーフシチュー」作りに挑戦している。なぜか突然、ルーを使わないビーフシチューが作れるようになりたい!と思ったのだ。といってもデミグラスソース缶は使うが、どうも納得出来る味にならない。それを鍋のせいにして、バーミキュラを導入することにした。

    20211119-2.jpg

    バーミキュラは密閉性が高く、水を入れなくても野菜の水分だけでカレーが出来るらしい。であればビーフシチューも美味しく出来るはず。そこで赤ワインやホールトマトの量、肉の下処理、煮込み時間などを試行錯誤しながら何度も試した。

    20211119-3.jpg

    週イチくらいで10回くらい作ったが(冷凍庫に残ったビーフシチューを入れたジップロックがどんどん増えていく)、それなりに美味しいものの「これだ!」という味にならない。煮込みすぎて肉が溶けてなくなったり。そもそもどこを目指しているのかさえ分からなくなってきている。

    20211119-4.jpg

    それはそれとして、ビーフシチューを作りながらふと思った。この鍋で作れば、大福も喜んで食べてくれるのではないか。野菜嫌いの彼らも、これなら栄養がたっぷり摂れるのではいか。というわけで14cmのバーミキュラを買った。結構高かったが、彼らの健康を考えれば安いものだ。

    20211119-5.jpg

    食べやすくみじん切りにした大根、白菜、人参、しめじと米少々を鍋に敷きつめる。これで水分は十分出るだろう。

    20211119-6.jpg

    そして、鶏肉を乗せる。あとは蓋をして1時間ほど煮込めば、味付けなしでも鶏肉の旨味を吸った野菜と絶妙なハーモニーの特性大福飯の出来上がりだ。

    20211119-8.jpg

    1時間後、うん、なかなか美味そうになっているじゃないか。あとは器に移して冷ませばいい。

    20211119-9.jpg

    お前ら出来たぞー、渾身の栄養たっぷりお手製飯が。

    20211119-10.jpg

    どうだ、美味いか?

    20211119-11.jpg

    ん?

    20211119-12.jpg

    まさかの完全スルー。









    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

スポンサードリンク

カレンダー

10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

月別アーカイブ

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。