• 山の家の補修計画20

    20210909-1.jpg

    この前書いた『山の家にスロープを作る計画』だが、結論からいうと、難しいことが分かった。

    20210909-2.jpg

    具体的にはこんな感じでドッグランをなめるように上まで車で登れる細い道を作りたかったが、ルートに木があるのと、伐採したときの切り株が結構残っているとのことだった。もう伐採するのは嫌だし、切り株を取り除くのは重機で掘り返さないといけないらしいから、それなら止めようかとなったのだ。

    20210909-3.jpg

    けれど将来薪ストーブを入れたとき、薪をどうやって運ぶか問題は残る。トロッコを作るとしても、ケーブルを設置してゴンドラで上げるにしても、動力はどうするか。近所に参考になるのを使っている人がいればいいのだが、「丸山の森」では全然見かけない。坂の上にある家はみんなどうしているんだろう。

    20210909-4.jpg

    かといって重たい薪を人力であげるのは嫌だ。今はまだ耐えられるが、毎回そんなことしてたらそのうち体を壊す。今のうちに何かあげる方法を考えて、どうにかしておかないと。

    20210909-5.jpg

    どうでもいい。








    あと、デロリアンズ通信Vol.718を配信しました。



    ※メルマガ配信希望の方は
    『メルマガ登録・解除はこちらから(無料)』でメールアドレス登録してください。


    『インスタグラム』でちょいちょい大福動画をアップしています。





    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ