• 焼鳥大福の犬用メニュー

    20210901-1.jpg

    この前、山の家に行ったときにご近所さんと愛犬ダンを招待した。素晴らしい大工さんを紹介してくれたのがこの方で、御礼に「焼鳥大福でもいかがですか?」と声をかけたのだ。

    20210901-2.jpg

    焼鳥大福は犬OKなので、ダンのために犬メニューも用意しておいた。といっても、焼鳥の仕込みで出るモモ肉の切れ端と鳥レバーを炒めただけだけど。

    20210901-3.jpg

    それでもダンは大喜びで、またたく間に完食。本当に30秒もかからずに。

    20210901-4.jpg

    そして「めっちゃ美味しい!もっとないの?」という顔をする。まぁ、普通はそうだよね。そんなに喜んでくれると、作った方も嬉しいよ。

    20210901-5.jpg

    いっぽう、大吉は「今はいい」とそっぽを向き、タヌ吉は食べることより見知らぬお客に落ち着かず、それどころではない様子だった。

    20210901-6.jpg

    残った大福の皿をそのままにしておくとダンが食べすぎてしまうから一次避難させる。なお、焼鳥大福の人間用メニューも好評だった。良かった良かった。

    20210901-7.jpg

    そしてお客さんが帰ると、安定の首直角スタイルで寝る。







    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ