• 犬用メニューの試作

    20210728-1.jpg

    山にこもっている間、『デロリアンズ』を手伝ってくれている平田(通称ひろぽん)と愛犬『モグちゃん』が遊びに来た。保養所で合鍵も渡しているから何度も来たことがあるモグちゃんだが、あまりの変わりように最初は戸惑っているようだった。

    20210728-2.jpg

    こんなところに階段あったっけ?という顔をしていたが、やはり山の家の涼しさは快適なのか、嬉しそうな顔であちこち探索していた。

    20210728-4.jpg

    ほどよい距離感のモグちゃんは、イヌミシラーのタヌ吉もOKらしい。せっかくなので、『炭火焼鳥大福』の犬用メニューを試食してもらうことに。

    20210728-5.jpg

    この日、人間はテラスでバーベキューだったが、いつものように鶏肉を炭火でじっくり焼いただけの犬用メニューも用意していた。しっかり冷ましてから食べやすい大きさにちぎってあげると、モリモリ食べるモグちゃん。

    20210728-6.jpg

    あっという間に完食。この日は珍しく大福も完食。いつもは残したり「今はいいわ」という顔をするくせに。モグちゃんが喜んで食べたということは、犬用メニューはこれで大丈夫なんだな。

    20210728-8.jpg

    ちなみに翌日は、近所の犬OKの居酒屋『MIC HOUSE』に行ったのだが、ここにも犬用メニューの茹でた鶏肉があり、モグちゃんは大喜びで食べていた(大吉は気分で食べたり食べなかったりする)。良かった良かった。

    20210728-7.jpg

    まぁ普通はそうだよね。改めて大福は試食の参考にならないことが分かった。








    <お知らせ>
    『寄付報告』ページを更新しました。




    あと、デロリアンズ通信Vol.710を配信しました。



    ※メルマガ配信希望の方は
    『メルマガ登録・解除はこちらから(無料)』でメールアドレス登録してください。


    『インスタグラム』でちょいちょい大福動画をアップしています。





    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ