• 山の家修繕計画8

    20210402-1.jpg

    山の家は内装工事と並行して、実は屋根の補修作業もやっている。当初はバケツをあちこち置くほど雨漏りしていたのを業者に頼んで防水シートでしのいでいたのだが、2年持たないと言われていた。建て替えるのを諦めて補修する方向にしたので、屋根を張り替えることに。

    20210402-2.jpg

    なるべく低予算でお願いしますというと「それでも断熱材は絶対入れた方がいい」と屋根業者さんはいう。そもそも屋根に断熱材がまったく入っていないのに、マイナス15℃にもなる冬をよく耐えられましたねと驚かれた。そうなのか。たしかに冬は寒かったけども。

    20210402-8.jpg

    この作業着姿のオッサンは屋根職人ではなく、私。「作業が休みの週末に足場を使わせてもらえませんか」とお願いして、脚立では届かなかったところにオイルステインを塗っているのだ。以前塗った場所は上塗りしていく。これが木材の劣化防止につながる。足場最高!

    20210402-4.jpg

    大福は平和そう。

    20210402-6.jpg

    さて、「デロリアンズ保養所」としてどう生まれ変わるか。












    <お知らせ>
    デロリアンズ通信Vol.680、681を配信しました。


    ※メルマガ配信希望の方は
    『メルマガ登録・解除はこちらから(無料)』でメールアドレス登録してください。

    『インスタグラム』でちょいちょい大福動画をアップしています。





    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク