• あの事故の目撃者

    200323-1.jpg

    先週末、10年来の飲み友達である『現代書林』の社長さかもっちゃんと、フリーの編集者兼ライターの『山崎潤子さん』が遊びに来た。何を隠そう、この二人は私が階段から落ちて死にかけたときの目撃者だ。申し合わせたわけではなく、久々に飲みましょうとなったのがたまたまあの事件からほぼ丸2年経った日だった。

    200323-2.jpg

    会うのは久々だったが、ちゃんと覚えて大歓迎する大吉とは対照的に、完全に忘れて「誰だお前ら!」と吠えるタヌ吉。二人とも新刊『犬の笑顔が見たいから』はすでに読んでくれていたが「怪我のくだりはサラッと流しすぎ! あんなもんじゃなかったんだから」と山崎さんに怒られる。

    200323-3.jpg

    階段から落ちて後頭部から血が広がっていく光景をみたときは「死んだ」と思ったらしい。一命をとりとめたと連絡があったときも「普通に暮らせるようになるには10年はかかるだろう」と覚悟したという。山崎さんは「あのときのようすを私が書きたいわ!」と言っていた。ぜひ書いてください。なんせ記憶がないから嫁に聞いた話で書いたので。

    200323-4.jpg

    二人とも「まさか2年後にこうして笑い話に出来るなんて夢にも思わなかった」と話していた。それは自分でも分からない、痛いとか辛いとか入院中の記憶もほとんどないから、と言いつつ、刺身でもしゃぶしゃぶでも好きな方で食べて方式の「ハイブリッド鍋」を振る舞う(外からシマアジ、ブリ、ヒラメ、タイ)。

    200323-5.jpg

    そして気がつけば、「それ、一切れくらいくれるよね?」と圧力をかける大吉と、隣でおこぼれにありつこうとするタヌ吉。さっきまで警戒して吠えていたくせに「もしかして、前に会ったことあるかも」と思い出したようす。

    200323-6.jpg

    それにしてもあれから2年経ったのか。もう車の運転も出来るし、またこうして飲めるようになって良かったと話していたのだった。その節は、皆さんにもご心配をおかけしました。

    200323-7.jpg

    あの日は、大吉とタヌ吉もひどく動揺してオロオロしていたらしい。そういうの、犬も分かるんだねぇ。他人事みたいで申し訳ないけど。















    <お知らせ>
    『犬のはなし』も更新されております。
    <特別編> 夢の実現と予想外のアクシデント(3)
    (書籍より抜粋)





    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク