• 江ノ島周辺情報

    200131-1.jpg

    たまには江ノ島背景に写真を撮るかと散歩にカメラを持って行くが、例によって彼らは非協力的だし、何をどうしても似た写真になってしまう。なので、有益な江ノ島周辺情報でも書いてみようかと思う。まず、江ノ島周辺は意外に浅い。湾内は5メートルほどだし、橋周辺は1メートルもない。

    200131-2.jpg

    最近は、波の穏やかな晴れた日に『カヤックで釣り』に行くことがあるが、魚探で探ると江ノ島の向こう側も結構浅くて、10メートルちょいしかない。そして砂地が多い。それではなかなか釣れないので、周辺をリサーチしてみた。

    200131-8.jpg

    それで分かったのは、ちょうど大吉の頭の上あたりにある灯台(実際に見ると結構大きい)をまっすぐ沖に1キロほど行くと、水深20〜30メートルほどの根周りがあり、そこは結構魚の反応が見られ、アタリもある。真鯛もその辺で釣れた。

    200131-3.jpg

    あと、まだゆっくり探れていないが、江ノ島の向こう側に定置網が仕掛けてあり(魚見亭のテラス先から見える)、その周辺も結構魚影が濃いらしい。地元のおじい情報では、定置網にブリも入ることがあるという。なんとこんな近場で!ぜひ参考にしてみてください。

    200131-4.jpg

    大福同様、どうでもいいと思うけど。

















    <お知らせ>


    「犬飼いから見たねこの不思議」連載中の
    『ねこ 2020年2月号 Vol.113』が発売されました。




    <お知らせ2>
    『寄付報告』も更新しました。

    あと、デロリアンズ通信Vol.554を配信しました。

    ※メルマガ配信希望の方は
    『メルマガ登録・解除はこちらから(無料)』
    でメールアドレス登録してください。



    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク