• 温度差

    121029-1.jpg

    土曜日の「読み聞かせ会&サイン会」にお越しくださった皆さん、わざわざどうもありがとうございました。読み聞かせの最中にあろうことかおっさん、激しくムセてしまい、なんとか必死に堪えようと息を止めたりしたものの、耐えられずに咳き込んでしまいました。死ぬかと思いました。お見苦しいところをお見せしてすいません。大吉へのプレゼントもまたいただりして、毎回申し訳ないです。

    121029-2.jpg

    そうそう、プレゼントといえば、この前の吉祥寺のイベントでこんなものをいただきました。実はこれ、「オタマトーン」という楽器のようなもの。しっぽの黒い部分を指で押すと音が出て、頭の方へ行くほど音程が高くなります。そんでオタマジャクシの口を開いたり閉じたりさせるという。ちなみに、ここを押したら「ド」という目印はないので、音階のはっきりした演奏はなかなか難しいです。どちらかというと押さえたまま指を動かして、音程を上げたり下げたりする演奏が適していると思われます。

    121029-3.jpg

    たとえば皆さんご存知、横山ホットブラザーズの「お〜ま〜え〜は〜ア〜ホ〜か〜」というような。こういうフレーズなら多少音程がズレていてもなんとなくそんな感じに聞こえるので、初心者の練習用課題曲としては適しているのではないでしょうか。どこでも大ウケすること間違いなしだし。

    121029-4.jpg

    お〜ま〜え〜は〜ア〜ホ〜か〜。

    121029-5.jpg

    お〜ま〜え〜は〜、

    121029-6.jpg

    嫌いですか。そうですか。





    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク