• 解説

    昨日は『ライブ』へ向けての最終リハだった。といっても、全員のスケジュールの都合でこの日を入れて2回しかできなかったんだけど。新曲もあるというのに。しかしそこは長年培ってきたなんとかなるよたぶん精神で、終始緊張感のないスタジオなのだった。というわけで、今回の私のセッティング。わりと寂しい足下だが、このエフェクターたちの解説をしてみよう。

    1117-1.jpg

    まずは右から。ギターから最初に繋いでいるのがKORGのDT-10というチューナー。これでギターの音程を合わせる。ちなみに私、一応ギター歴20年以上になるが未だにチューニングは機械頼り。絶対音感とかまるでなし。

    1117-2.jpg

    続いて緑の小さいのがBOSSのTR-2。これはトレモロといって、音量を細かく上下させて、音が細切れにすることができる。音量を変化させる速度と深さを変えることができるので、ゆるやかでレトロなビンテージアンプ風のサウンドから、機関銃のような奏法まで幅広く使える。個人的にはなんとなく切ない曲調に向いているような気がする。

    1117-3.jpg

    その横にあるブルーの箱はLINE6のStompboxModelerMM4。こいつは、ChorusからU-Vibeといったビンテージエフェクターを忠実にシュミレートしたもの。さらにRotary DrumといったものからRing Modulatorまで供えている。いわゆる「揺れモノ」が詰まった一台。

    1117-4.jpg

    その隣の緑は、八百屋(?)のTUBE’S CREAMERというオーバードライブ。Ibanezの名機Tube Screamerをパロったもの。冗談で買ってみたら結構良かったので、わりと気に入って使っている。音は「歪み系」だがまろやかで、角があまりない。ヘヴィなサウンドには向かないが、いわゆるロック系であればかなり使える。

    1117-5.jpg

    そして紫の子は、MaxonのAnalogDelay、AD999。暖かみのあるディレイで、デジタルディレイにはない深みがある。これはかなりの確率で踏んでいる。仮にエフェクターはひとつだけ、と制限されたら迷わずこいつを選ぶ、というほど重要な役割を担っている。前に一度本番前に壊れて、慌てて楽器屋で同じのを買ったことがあるほど。さらに最後が……。

    1117-6.jpg

    たぶん誰も読んでいないと思うので止める。









    <お知らせ>
    『チーム富士丸』の年内最後となる物資受付の詳細をまとめ中です。恐らく来週頭頃には発表できると思うので、どうぞよろしくお願いします。

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク