• 出題

    一切の記憶をなくしたデスクトッピーに、都合のいいことだけ吹き込んでみた。出会った頃の初々しさを取り戻しつつ、それでいて慣れ親しんだ手触りが心地良く、一日つきっきりで作業していた。気がついたらノートパソコンの姿が見えず、テーブルには合鍵が残されていた。

    それはさておき、先日ある郵便物が届いた。中を見ると某大学からで、なんでもその大学の付属中学の入学試験に『ひとりと一匹』の一部を使わせていただきましたとある。性質上事前にお断りできずに申し訳ない的なことが丁寧に書いてあった。びっくりした。

    あの本に試験に使える箇所なんてあるんだろうか。そう思っていると、実際に使われた部分と問題が載ったコピーが添えてある。見てみると「二度痛い思い出」の一部から出題されていた。試験に使われたのは、どうやら本当っぽい。自分の書いた文章で少年少女たちが頭を悩ませたかと思うと申し訳ない気持ちになった。

    せっかくなので、解いてみようと思った。出題は全部で11問あったが、ほとんどは四択だったので勘でだいたいわかった。さすが著者、と嬉しくなった。でも、「昼間の表情とは全然違う」とあるが、これに対する著者の感想を本文中より抜き出して三文字で答えなさい、という問題はガチでわからなかった。それは問題が悪いという意味ではなく、単純に己の国語力のなさが原因だと思われた。正解した受験生は偉いと思った。

    101006-1.jpg

    ところで、先日の『イベント』のもようが『コチラ』にアップされました。(※「動物を救おう!」音楽イベント秘話(1)参照)





    <連載>
    『「動物を救おう!」音楽イベント秘話(2)』は本日(10月8日)アップ予定です。

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

月別アーカイブ

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。