• 仕事の合間に

    近頃、ほとんど家から出なくなってしまった。出たとしても近所のコンビニに行くか、たまにスーパーに行く程度。病んでいるわけではない。一応、家で仕事をしているのだ。一応、というのはわりと本を読んだり漫画を読んだりしているからで、厳密にいえばそれほど頑張っているとはいえない。いや、建前では頑張っていることにしなくては。

    100823-1.jpg

    そのような堕落しきった生活の中で発見したのがこれ。「たまごかけ風ごはん」のおにぎり。最初見たときは、なんやんそれどういうことやねん、と思ったが食べて納得。たまごかけ風ごはんなのだ。そんで結構うまい。中がどうなっているのか見せてあげたいところだが、写真を撮り忘れて食べきってしまいました。

    100823-2.jpg

    さらに最近面白がって人に自慢しているのがこれ。『逆さマスター』というおもちゃ。文字通り吹き込んだ言葉を逆再生してくれる。そのままだと意味不明なので、予め逆から発音して再生すると思った通りにならなくて結構面白い。ライブの日も持って行って楽屋で自慢したら「それの何がおもろいの?」と『ソワン』に一蹴されたという。これも動画でアップしたいところだが、止めました。部屋でひとり、仕事もせずにどう発音すればちゃんと再生されるか練習しているときにふと我に返ったので。

    100823-3.jpg

    若干、病んでるのかもしれない。



    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク