• 花火男

    昨日は神宮花火大会であった。私はこの日を心待ちにしていた。かといって、暑い中人混みの中へ出かけていく勇気も気力も体力も私にはない。家のベランダからのんびり眺めようと思っていたのだ。そう、今の部屋からなら神宮の花火大会が見られるかも知れない。そう思っていた。ほとんど確信していた。

    100820-1.jpg

    だからずいぶん前から「俺んちのベランダでビール飲みながら花火見ましょうよ!」とセキグチさんを誘っていた。さらには岡さんにも「変態花火ナイト」への招待状を出したりしていた。しかし当日の天気予報は雨。宴開催の判断は当日夕方に下されることになる。その結果、駄目人間同盟を結んでいるセキグチさんが二日酔いだったこともあり「なんか雨っぽいし、またにしましょうか」というグズグズの展開になった。

    100820-2.jpg

    しかしそれは正しい判断だった。なぜなら、雨は降らなかったが、絶対見えると思っていた肝心の花火は「そこかい!」という絶好のポイントで建物の影に隠れていたのであった。中止にして良かった。あれだけでかい口叩いていたのに、シャレにならんところだった。ちなみに、写真には花火が写っているが、どこにあるのかほとんどわからないと思う。肉眼ではもうちょっと見えたけどね。

    100820-3.jpg

    そこで私はひらめいた。そうだ、『望遠鏡』があったではないか。あれっきりほとんど使っていなかったし、ほとんど借パチ状態になっているが、望遠鏡があれば、もっと良く見えるんじゃないだろうか。そう思って望遠鏡を神宮方面に向けて撮影したのがこれ。結局、あれだけ楽しみにしていた花火大会は、望遠鏡で覗くことになったのであった。私は切なかった。切なくて、泣きそうだった。

    100820-4.jpg

    だけど、端から見たらただの怪しいおっさんだったと思う。











    <お知らせ>
    私も一応運営委員の一員としてお手伝いさせてもらうことになった『HAPPY MUSIC FESTA 2010』のチケットが22日に全国のプレイガイドで発売となります。行くぜ、服部緑地。

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク