• 月日の流れ

    なんだか月日の流れが早い。少し前に『CD/BOOK』が完成してわーいと喜んでいたかと思えば、もうリリースされてから4ヶ月が経とうとしている。いわれてみれば、あの選曲とリライト作業に苦悩した日々が、遠い昔の懐かしい記憶のような気もする。あ、打ち上げしてなかった! というわけで延び延びになっていた完成記念泥酔会を我が家で開催することに。

    100806-1.jpg

    ワーナーの宮治さん、編集の高間さん、デザインの岡さんと制作に関わった主要メンバーが集まって乾杯。この日は天気が良かったのでベランダで「焼いたらうまそうなもの」を適当に持ち寄っての宴となった。ビールがうまい。特にこの、何かを成し遂げた仲間と飲むビールはたまらん、とオヤジ臭いことをいいたくなるほどうまい。

    100806-2.jpg

    宮治さんによれば、あれを手にした人からの評判は上々だとのこと。中でもこれまであまり音楽に詳しくなかった人にも高評だったことが、趣旨通りで嬉しかったとのこと。なんとまぁ、それは良かった。俺も嬉しいです。わざわざ買ってくれた皆さん、ありがとうございました。ちなみに手前は「ひとくち厚揚げ」。絶対「それなんですか?」と聞かれると思ったのでその前に。これが焼いて生姜で食べたらうまいんよ。

    100806-3.jpg

    その後は、部屋に移動してひたすら飲みタイム。我が家はフリーダムなので、岡さんはそこら辺にあるレコードやCDを片っ端からかけまくる、の図。このときのもようは『コチラ』にも。そして最後は全員酔っぱらって、おのおのギターを手にとり、ロックの名曲イントロクイズなどをしたかもしれない。が、あまり覚えていない。こうして記憶は薄らいでいくのか。

    100806-4.jpg

    月日の流れといえば、まだまだ先だと思っていた「これで最後かもしれないthe☆サクラマスの宴」も明日に迫りました。写真は最後のリハーサル。ようやくやる曲のコードはうろ覚えしました。後は野となれ山となれ。じゃ、いかんよね。頑張ります、それなりに。なお、座席は十分確保しているんですが、場合によっては足りなくなる可能性もあるので、座って見たい方は少し早めにお越しくださいね。では、当日お会いする皆さんはどうぞよろしく。それ以外の方も、良い週末を。

    100806-5.jpg

    それから『でかお』の話のつづきもアップされました。





    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク