• 犬の笑顔が見たいから

    200116-1.jpg

    この前『お知らせ』しましたが、あの連載が本になります。昨年秋から正月にかけて、大幅に加筆修正して「犬の笑顔が見たいから」というタイトルで、『また、犬と暮らして。』が出てからこの3年にあったことをまとめてみました。山の家のこととか、階段から落ちたこととか。

    200116-2.jpg

    2月22日発売を目指していますが、実はまだ終わっておらず、あと一回赤入れが残っているんですが。「そんなにギリギリ?」と思うかもしれませんが、案外そんなもんなんですよ(私の場合)。装丁は前作同様に『マル子』の飼い主でもある冨安修一さんにお願いしました。

    200116-3.jpg

    『Amazon』ではすでに予約受付もスタートしているようですが、『DeLoreans』でもサイン本を扱う予定です(送料がかかってしまいますが)。Amazonなどでも初回特典が付く予定ですが、それもこれから決めるところでして。そんなにギリ以下略。

    200116-4.jpg

    そんなわけで、どうぞよろしくお願いします。























    <お知らせ>


    品切れ中だった『播州織ストール』の「紫」と「スカイブルー」を入荷しました(※「ローズピンク」と「ワインレッド」と「桜」は完売しました)。



    同じく『うちのこタオル・ハーフ』の品切れカラーも入荷しました。



    そして遅くなりましたが新春企画の『大福御守』も受付開始しました。ご希望の方は忘れずにカートに入れてください。



    また、ステッカー第2弾『I AM HEREステッカー』の受付も開始しました。こちらもご希望の場合はカートに入れるのをお忘れなく!



    あと、デロリアンズ通信Vol.547、Vol.548を配信しました。

    ※メルマガ配信希望の方は
    『メルマガ登録・解除はこちらから(無料)』
    でメールアドレス登録してください。










    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • タヌ吉も6歳になったか

    200113-1.jpg

    今年の初詣は、また江ノ島に行くことに。往復の坂道はおっさんには辛いので、渡し船「べんてん丸」に乗る。基本犬もOKだけど、波が高い日は運休なので注意してね。

    200113-2.jpg

    これで裏側の洞窟の方までビューンと運んでもらう。歩いたら40分以上かかると思うが、5分ほどで到着。

    200113-3.jpg

    そしていつもの「魚見亭」でラーメンを食べる。ガチのラーメン通にはお勧めしないが、昔ながらの「中華そば的」な味が好きな人はぜひ。焼きはまぐりも美味しいよ。テラス席(中も一部)は犬OK。週末のお昼は混むから、行くなら11時頃がいいかも。

    200113-4.jpg

    そういえば江ノ島はかつて富士丸と何度か来たことがあり、そのときもたしか「魚見亭」に行ったけど、まさか10年後に近くに住むことになるとは想像もしていなかった。近所のわりには年に2回くらいしか行かないんだけど。

    200113-6.jpg

    そして、福助も6歳になった。なんとなく手作りケーキでも。しかしもうそんなになるのか。6歳のわりにはまだまだガキんちょだけどね。

    200113-7.jpg

    お前たちが元気なことが、何より嬉しい。

















    <お知らせ>
    『犬のはなし』も更新されております。
    「この連載が本になります」


    <お知らせ>
    デロリアンズ通信Vol.546を配信しました。

    ※メルマガ配信希望の方は
    『メルマガ登録・解除はこちらから(無料)』
    でメールアドレス登録してください。




    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 遊んでいるの見る係

    200110-1.jpg

    大福たちはよほど山の家が好きなのか、行くと飽きることなくドッグランで遊んでいる。

    200110-2.jpg

    なら勝手に遊べばいいじゃんと思い「行っておいで」と外に出してもテンションは低いし、すぐに戻ってくる。

    200110-3.jpg

    しかし私も外に出ると、バトルを繰り広げる。なぜか見ている役がいないと盛り上がらないらしい。仕方なく、寒いから中に入りたいだけど思いつつ見守ることになる。

    200110-6.jpg

    寒いなー。

    200110-5.jpg

    丸いなー。
















    <お知らせ>
    200108-8.jpg

    本日1月8日〜14日まで「静岡松坂屋店」で開催されている『イナズマギャラリー』POPUP展で『お散歩帆布バッグM』『おでかけ帆布バッグM』を展示販売してもらっています。

    ※「例のもの」は駒沢公園と横浜のイベント限定だったので、申し訳ありませんがここにはありません。



    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2019年11月号 Vol.112

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク