バトルループ


161214-2.jpg

まだまだやんちゃな変顔タヌキ、今日も意味なく大吉に喧嘩を売る。

161214-3.jpg

威勢の良さは一人前。

161214-4.jpg

だけどやっぱりすぐ負ける。

161214-5.jpg

それでも懲りないタヌ太郎。













<お知らせ>
デロリアンズ通信Vol.167を配信しました。
メルマガ配信希望の方は『ショップ』の左メニュー「メルマガ登録・解除はこちらから(無料)」でメールアドレス登録してください。


年に一度(?)のチャリティー企画
『2017デロリアンズカレンダー』販売中!



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  Another Daysの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

犬飼い見習い

鼻のシワww
何度でも挑むんだ! 若者よ!
(「若者」って時々「ばかもの」に聞こえません?)

りんこ姉はモモのママ

No title
福ちゃんって、完全なる弟気質。
大ちゃんも素質はあったんだろうけど、福ちゃんのおかげで「お兄ちゃん気質開眼」したんかもしれんし。
福ちゃんは「大好きなお兄ちゃん」相手に楽しそうだねぇ。ばかっぽ面がたまりません(笑)
元気がなによりね。

お~じろう

あにき~
だいきちにい~ちゃん かっこい~!!

LunCae

応援してるよ~
福ちゃ~ん!どんなに道は険しくても、君は、百獣の王になるんだぁ!

多美です!

ひゃくじゅうの王に…
福ちゃん、ひゃくじゅうの王への道は険しいよ。 大兄ちゃんに鍛えられて、少しづつ歩みましょうネ。  

すわのひらたに

No title
体格では福ちゃん、負けないのに。へへ、気分で負けているのかなあ。(大ちゃん、人だったら、ちょっと、びびるものがあるかも)

Keiko

No title
あははh 福ちゃん 怒ってるやん♪
           って笑ってしまいますね。

くぅママ

No title
初めてコメントさしてもらいます。
よろしいお願いします。何時も大福コンビの取っ組み合いのblogや写真はとてもアテレコと写真が合っていて微笑ましく見せてもらってます。ほんととおちゃんの感性が出てるなぁって思います。私にもそんな才能があればなぁって…苦笑
寒い毎日ですが体調に気を付けて下さいね blogの更新楽しみにしてます。

やっちゃん

さすが
福ちゃんの表情が最高!!
ほんと仲が良い。
福ちゃん、お兄ちゃんが大好きなのが
伝わってきます。

仙台のおばちゃん、わたなべです。

No title
父ちゃんさん、こんにちは。
にゃんこその3の健診が異常なく、まずは安心のおばちゃんです。次は自分の健診ですが、職場の簡易な健診でわんこ、にゃんことの格差を実感する時です。。。

デロ通信にて父ちゃんさん押し押しのきりたんぽ鍋ですが
私は父の実家が秋田で子供の頃、行く度に食べており・・・
もはや食べ飽きてしまった大人です。
だまっこも食べました食べました。。

秋田では稲庭うどんが自分的には押し!です。

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク