• モデル大福様

    190628-1.jpg

    今週はロケに行ってきた。といっても近所の片瀬漁港あたりだけど『お散歩帆布バッグシリーズ』の夏っぽい画像を撮りに。モデルは『腰越珈琲』の順ちゃんの奥さん。

    190628-4.jpg

    大福にモデルをやってもらおうかと暑さを避けて朝から挑んだが、朝8時すぎでも日向はまぁまぁ暑かった。これはふざけているのではなく、濡らした手ぬぐいを頭に巻いての暑さ対策。意外に似合う。

    190628-2.jpg

    そんなわけで、1時間ほど撮影して撤収。珍しく大福は協力的で楽しそうな顔が撮れた。近いうちに『ショップ』にアップされると思うので、チェックしてみてね。

    190628-5.jpg

    その後は『腰越珈琲』に移動して休憩。大福たちも「はぁ〜、疲れた」という顔をしていたが、この日に関してはまさにその通り。

    190628-6.jpg

    えーと、付き合ってくれてありがとう。





















    <補足情報>
    190628-7.jpg

    『腰越珈琲』には『DeLoreans犬用レインコート』が全サイズを置いてあって試着出来るので、近くに行ったら試してみてくださいね。特にレインコートを着せると動かなくなるタイプは。和室も犬OKのお店なので。

    それと『寄付報告』のページを更新しました。

    あと、デロリアンズ通信Vol.476、477を配信しました。
    (今度は本当に配信しました)




    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 贅沢なうたた寝

    190626-1.jpg

    この前『山中湖』に行った翌日、実は城ヶ崎にも立ち寄っていた。この日の宿は、海が望める高台に建っていた。あ、遊びじゃなくて半分仕事だからね。

    190626-2.jpg

    ドッグランからも海が見える。大福は眺めとかまったく興味なさそうだったが。でも空気が気持ち良さそう。

    190626-3.jpg

    そして車ですぐのところには、景色のいい断崖絶壁の散歩道もあるらしく、せっかくなので行ってみた。こういうところへ来ると、景色よりも目を凝らして魚影を探してしまう。

    190626-4.jpg

    しかし階段の上り下りが激しく、おっさんは疲れ果て、ロケーションを楽しむ心の余裕すらなくなる。

    190626-5.jpg

    この日の夕食は宿の中にある海を眺めるレストランで、なんと犬用の椅子も置いてあった。旅の疲れか、椅子ですぐにまったりくつろぐ大福。

    190626-7.jpg

    たくさん遊んだから、ゆっくり眠ればいい。それにしてもすごく犬に優しい宿だった。詳細はまた今度詳しく。

    190626-6.jpg

    しかし君、それは楽なのか?















    <お知らせ>
    『DeLoblog』も更新されております。

    あと、デロリアンズ通信Vol.476も配信しました。
    (↑間違えました、最終が475です)





    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 大福の災難

    190624-1.jpg

    土曜日の朝、慌ただしく出かける準備をしていると「もしかして、出かける?」と嬉しそうな顔をする大福。相変わらず鋭い洞察力だねぇ。

    190624-2.jpg

    どこへ行くのか読めないのが、鈍いけど。そんな「聞いてないよ」みたいな顔されても。勝手に期待したのは君たちだから。

    190624-3.jpg

    この日は狂犬病の注射を打つだけ。いつものように大吉は観念したのか大人しくじっと耐える。雷と花火はあんなに怯えるのに、偉いねぇ。

    190624-4.jpg

    いっぽう、自分の番が回ってくると必死で抵抗するタヌ吉。病院が嫌いで嫌いで怖くて怖くて仕方ないようす。

    190624-5.jpg

    大丈夫だって、と声をかけてもなんとか逃げようとする。雷も花火も全然平気なのに、病院だけはダメらしい。

    190624-6.jpg

    どんなに抵抗しても無駄だけどね。すぐ終わるから、ちょっとだけ辛抱しなさい。

    190624-7.jpg

    獣医さんも優しく声をかけるが、彼にはまったく届いていない。いつ診察台から飛び降りるかわからないから、しっかりガード。

    190624-8.jpg

    すると自分から脇に顔を突っ込んでくる。全然隠れられてないけど。

    190624-9.jpg

    はいはい、一刻も早くここから逃げないとね。













    <お知らせ>
    『“カイチュウ博士”藤田教授に聞いてみた』
    第5回〜花粉症は治らないはウソ!?
    がアップされました。




    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 八ヶ岳の森のレストラン

    190621-1.jpg

    『この前』山の家に行ったときに、面白い場所を見つけてしまった。広い敷地の中にはツリーハウスや良くわからない建物がたくさん建っている。でもここはレストラン。

    190621-2.jpg

    少し前に丸山の森の知り合いから教えてもらっていた『カナディアンファーム』というお店でここが本館(?)。山の家から車で10分くらいと近いのだが、なかなか行けなかったのだ。

    190621-4.jpg

    屋根のあるテラス席は犬連れOK。だから行ったようなもの。テラス席といっても広くて、すごく開放的なところ。標高もあって涼しいから、これからの季節の犬との旅にはオススメ。

    190621-5.jpg

    ここで出る野菜は、敷地内で作ったオーガニックとのこと。『香草庵』『バックカントリー バーガーズ』もオススメだが、犬連れで八ヶ岳に行った先はここにも立ち寄ると面白いと思う。

    190621-6.jpg

    彼らはずっと眠そうにしていたが。














    <補足>
    料理はこんな感じね。地味だけど深みのある、すごく素朴で優しい味でした。

    190621-7.jpg



    190621-8.jpg



    190621-11.jpg



    190621-9.jpg



    190621-10.jpg






    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 手羽先ロックオン

    190619-8.jpg

    『ドッグラン拡張作業』をした夜は、炭火焼鳥大福に『友枝さん』を招いて飲む予定だった。すぐには無理だが、あちこち雨漏りするボロボロの山の家を建て替える夢でも話しながら。が、この日は雨でめっちゃ寒かったため(8℃くらい)、心が折れて「テラスで焼鳥」から「室内で鍋」に変更してもらう。

    190619-1.jpg

    そんなわけで、作業に入る前に『手羽先鍋』を仕込んでおいた。この鍋は本当に簡単で、時間さえかければ誰でも出来る(ときどきチェックは必要なので外で作業しているときは嫁に頼んだ)。水と料理酒で煮るだけで味付けも一切しないのに、驚くほど美味しい(なぜ鍋が2つあるのかは後に解説)。

    190619-2.jpg

    5〜6時間ほど煮ると、黄金のスープになる。手羽先はホロホロだし、スープには鳥の旨味がたっぷり染み出している。そのままでもいいし、取り皿でブラックペッパーを少しかけてもいいし、「ちょいポン」でもお好みで。その他、野菜はなんでも好きなものを。

    190619-2-2.jpg

    そして、友枝さんにこれまで手がけた家の間取りや予算などを聞きながら夢をふくらませる。あぁ、薪ストーブがパチパチいってる部屋でまったり酒でも飲めたらなぁなんて思ってると、視線が刺さるのを感じる。

    190619-3.jpg

    手羽先にロックオンしとる。そんなこともあろうかと、君たちの分も用意してあったんだよ。

    190619-5.jpg

    手で触れるくらい冷ましたら、骨を外していく。しかし君の圧はまだまだだねぇ。ただ、手羽先に対する情熱は伝わってくるけどね。

    190619-6.jpg

    さりげなく、テーブルの下から大吉にも圧力をかけられる。「はいはい、お待たせ」と皿を置くと、ふたりとも珍しくがっつく。『この前』といい、手羽先好きなのねぇ、お前ら。

    190619-7.jpg

    そして速攻で完食したら、寝室へ消えるという。


















    <手羽先鍋補足>
    190619-10.jpg

    水と料理酒を適当に入れた土鍋に手羽先を6〜8本入れて、強火で沸騰させる。沸騰すると最初だけアクが出るので、丁寧に取る。アクが落ち着いたら蓋をして弱火で5〜6時間煮る。これだけ。

    もうひとつ鍋があるのは、スープの追加用。土鍋のスープを飲んだときに水などを足して薄まってしまうのを避けるため。大きめの鍋でスープに対して手羽先が少なくならないよう注意ね(スープも薄くなるから)。

    190619-11.jpg

    さらにメインの土鍋には手羽先以外にネギや好みで鷹の爪を入れるといいが、追加用の鍋には何も加えない。そうすることで、スープ追加用鍋の手羽先を犬たちにもあげられる。

    野菜は白菜より水分が出ないキャベツがオススメ。トロトロになったキャベツは美味しいよ。あとは、しいたけ、しめじ、えのき、豆腐などなんでも好きなものを。

    190619-12.jpg

    そして、シメは雑炊で。これはいうまでもなく、めっちゃうまい。ぜひ「ちょいポン」で。試してみてね。


    <追伸>
    水とお酒の割合の質問がありましたが、適当です。2〜3人用の土鍋で料理酒1カップくらい(もっと多くても可)。だいたいそのくらいでやってみて、あとは沸騰させた後に味を見ながら好みで追加したり減らしたり調節してください。大丈夫、気楽にやっても美味しくなるから。






    <お知らせ>
    品切れ中だった、「オーガニックコットン犬用ベッドL」「お散歩帆布バッグM」のクランチグレー・エコーブルー・ファイズイエローを入荷しました。

    あと、デロリアンズ通信Vol.475を配信しました。




    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • ドッグラン拡張計画3

    190617-1.jpg

    業者さんから伐採が終わったと連絡をもらったので、今週末見に行った。おー、すっきりしたな。『以前』の写真と見比べると驚くほどに。ちょっと鬱蒼とした感じも嫌いじゃなかったが、また台風で倒れられても嫌なので仕方ない。

    190617-10.jpg

    下から見るとこんな感じ。木がないと雰囲気がかなり変わるのね。そして日当たりが良くなる。この日は雨だったけど。

    190617-2.jpg

    伐採した枝などはウッドチップにして、ドッグランスペースに適当に撒いておいてもらった。

    190617-3.jpg

    ちょっとふかふかしているので、大福も気に入ってくれたらしい。何より、足がドロドロにならないのが嬉しい。以前はドッグランで遊んだ後は水をはったバケツに足を突っ込んで洗わないといけなかったが、ウッドチップにしたら泥がほとんどつかない。

    190617-4.jpg

    小雨降る中、拡張するべく草刈りを開始。危ないので大福は室内で待機(昼寝)。草刈り機の使い方も慣れてきた。これが結構大変なのよ、まず大きいやつらを荒く刈って、次に根を張っている細かいやつらを2段階で刈っていく。

    190617-5.jpg

    次に刈った草を集めながら土をならす。

    190617-6.jpg

    後はウッドチップの山から削って撒いていく。

    190617-8.jpg

    4時間ほど作業して、ちょっと広くなったがこの日はタイムアップ。おっさんの体力的にも限界。続きはまた今度。

    190617-9.jpg

    もうちょっと待ってろよ、お前ら。寝てただけだと思うけど。














    <お知らせ>
    『“カイチュウ博士”藤田教授に聞いてみた』
    第4回〜「正しい」ウンチの色・量・カタチ
    がアップされました。




    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 富士山と大福


    190614-1.jpg

    『湖畔』から戻ると、またご機嫌で走り回る大福。すみませんでしたね、変なことに付き合わせて。

    190614-3.jpg

    ちなみに、この日の宿の窓からは富士山が見えた。写真だと伝わらないのが残念だが、実際に見ると目の前にドーンとそびえる感じ。腰越あたりから遠くに見える富士山の何倍もあって、存在感と迫力が違う。

    190614-5.jpg

    28才まで大阪(庄内→桃山台)で、それからは5年くらい前まで東京(初台)で暮らしていて実際に見ることがほとんどなかったせいか、綺麗な富士山を見ると未だに「おー!」とちょっとテンションがあがってしまう。

    190614-4.jpg

    彼らは富士山を眺めているわけではないと思うが。

















    <お知らせ>
    長らく品切れ中だった『Deloreansお散歩ハット』『Blue-eyesT-Unisex(ホワイト)』『Blue-eyesT-Ladies(オートミール)』を入荷しました。

    190612-8.jpg
    『Deloreansお散歩ハット』
    (今回入荷分は完売しました。次回入荷まで少々お待ち下さい)


    190612-6.jpg
    『Blue-eyesT-Unisex』


    190612-7.jpg
    『Blue-eyesT-Ladies』
    (今回入荷分は完売しました。次回入荷まで少々お待ち下さい)


    それから『オーガニックコットン犬用ベッド』の「S」と「M」も入荷しています。

    ※ベッドの商品ページに「なぜベッドを作ろうと思ったのか」という動画をアップしました。



    あと、デロリアンズ通信Vol.474を配信しました。


    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 山中湖の思い出

    190612-1.jpg

    先週は、大福と山中湖へ行ってきた。遊びじゃないからね、半分仕事だから。どんな用事だったのかは、またそのうちに。

    190612-2.jpg

    この日の宿はドッグラン付き。平日で人が少なかったため、貸し切り状態で走り回る大福。特にイヌミシラーのたタヌ吉は大喜び。他の犬がいるのといないのとでは大違い。情けないやっちゃ。

    190612-3.jpg

    そういえば昔、富士丸と山中湖に来たことを思い出した。日経BPの『富士丸探検隊』だったかな、たしか富士丸が白鳥にめっちゃ絡まれてたような。湖畔を歩いていると、遠くから「オラオラオラ〜!」とばかりに白鳥が近づいて来て、大型犬相手に威嚇してくるので「ガラ悪いなぁこいつ」と思った記憶がある。富士丸も「な、なんすか?」とビビっていて。

    190612-4.jpg

    宿から歩いて5分ほどで湖畔に出られるらしいので「せっかくだから行ってみるか」と大福を誘ってみた。

    190612-5.jpg

    が、別に湖畔は好きじゃなかったらしい。そんな露骨な顔せんでも。そして白鳥はいなかった、残念。




















    <お知らせ>
    デロリアンズ通信Vol.473を配信しました。






    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • ドッグラン拡張計画2

    190610-1.jpg

    扉を残して、自作ドッグランの柵をすべて取り払った状態。

    190610-2.jpg

    下から見るとこんな感じ。広角レンズで撮っているから分からないかもしれないが、そんなに広くない。そして結構な斜面になっている。

    190610-5.jpg

    上から見るとこんな感じ。周囲にはまだ木が生い茂っている。これが伐採されたら、草刈りしてドッグランを拡張する計画。

    190610-4.jpg

    とはいっても、そんなに簡単じゃないんだよね。雑草だけならまだいいんだけど、周囲にしっかり根をはったやつもいて。まぁでも、こいつらのために頑張るか。ちょっと待ってろ、もっと広くしてやるからな。

    190610-6.jpg

    全然聞いてないな、あいつ。


















    <お知らせ>
    『犬のはなし』も更新されております。
    「犬たちとフェリー(大福の場合)」

    あと、デロリアンズ通信Vol.472を配信しました。

    メルマガ配信希望の方は『メルマガ登録・解除はこちらから(無料)』でメールアドレス登録してください。



    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 焼鳥修行「犬用メニュー開発」

    190607-1.jpg

    『山の家で作業』した日は焼鳥修行をするため、夕方から仕込みをした。焼鳥は簡単そうで、ちゃんとやろうと思うとなかなか難しい。

    190607-2.jpg

    同時に犬用メニューも考えておかないと。今回は手羽先を焼いてみる。人間用は開いて串打ちするが、犬用はそのまま塩もなしで網で焼く(適当)。焼き加減は皮がちょっとカリッとなるくらい。

    190607-3.jpg

    それを冷めるまで放置して、あとは身を手でほぐし、骨を外していく。

    190607-4.jpg

    珍しく興味を示すタヌ吉。さて、反応はどうだろう。

    190607-5.jpg

    おー、がっついて食べよる。そりゃ炭火でじっくり焼いた手羽先だからね。

    190607-6.jpg

    大吉も後からやってきて、完食。食に執着心のないこいつらがこのリアクションなら、これも定番犬用メニューでいけるかも。手でほぐすのが面倒臭いけど。



















    <補足>

    190607-7.jpg

    人間用の手羽先はこんな感じね。岩塩はちょっと強気で振るべし。

    190607-8.jpg

    さらに前からやってみたかった「豚バラしそ巻」にもチャレンジ。作り方を知らないから、なんとなくやってみた。これも岩塩で。

    190607-9.jpg

    見た目はそうでもないが、これがかなり美味しい。もっと高みを目指さないと。この日はこの他、ねぎま、皮、しそ巻き梅肉和えなどを研究した。

    190607-10.jpg

    そんなわけで修行を続けます。











    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • ドッグラン拡張計画

    190604-1.jpg

    『四国の旅』から戻った翌週末は山の家に。伐採業者さんからようやく順番が回ってきたと連絡があったが、倒れた木でドッグランの柵を壊してしまうから一時的に撤去して欲しいとのことだった。

    190604-4.jpg

    道路から見るとこんな感じ。これはこれで悪くないが、このあたりの地盤は岩盤で背が高いわりに赤松は根が深くないらしい。そのため、昨年のように台風で倒れて屋根に突き刺さったりする。もうそんなのは避けたいから赤松は伐採して、広葉樹でも植えようかと思う。

    190604-6.jpg

    ドッグランといっても、わが家はイノシシ避けの安い柵なので、ポールを抜いて柵をくるくる丸めればいい。これで赤松がなくなったら、周囲を草刈りしてもうちょっとドッグランを広くしようかな。

    190604-7.jpg

    草刈りは意外に結構しんどいんだけど、彼らのためだから仕方ない。ひとまず、柵を外して伐採の準備をしないとね。

    190604-8.jpg

    君たち、作業の邪魔なんだけど。
















    <お知らせ>
    デロリアンズ通信Vol.471を配信しました。




    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 自分の物は自分で持ちなさい

    190603-1.jpg

    『四国の旅』の移動は、タヌ吉にリュックを背負わせてみた。大吉は露骨に嫌な顔をされたが、タヌは気にしていなかったので。ちなみにこれは犬用で、ハーネスっぽい作りになっている。

    190603-6.jpg

    中には宿に入るときの足拭き雑巾と、予備のウンチ袋が入っている。ちなみに、保冷剤を入れて暑さ対策にも使えるらしい(※この前『リツイート』したけど、犬が保冷剤を間違って食べたりしないよう注意しようね)。

    190603-3.jpg

    しかしなぜだろう、リュックを背負った後ろ姿から「おでかけウキウキオーラ」が伝わってくる気がするのは。ま、そんなものはこっちの勝手なイメージかもしれないが。

    190603-4.jpg

    さて、次はどこへ行こうかね。
















    <お知らせ>
    『犬のはなし』も更新されております。
    「犬と6日間の旅へ」



    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2019年11月号 Vol.112

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク