• サンバル敗れる

    130625-1.jpg

    バタバタしていたので報告が遅れましたが、先週末に行われた『The Sambals』の初ライブは無事に終わりました。結果からいうと、優勝ならずでした。わずか一票差で敗れたという。関係者パスを出した2名に投票権があれば優勝してたのに、というよこしまな思いはさておき、これほど健闘するとは思っていなかったので意外でした。別に好きなことやってドン引きされたらそれはそれでいーや、くらいに思っていたので。ともかく、わざわざ足を運んでくださった皆さん、どうもありがとうございました。

    130625-2.jpg

    ま、平均年齢44歳のおっさん達(ワタスが一番年下)の底力というやつでしょうか。とかいいながら、実はめっちゃテンパッていたという。せっかくの初ライブなので、記録用の映像は残しておこうということで、事前に客席後方にビデオカメラをセットしておいて、出番前のセッティングが終わったら岡さんと客席をかきわけてスタートボタンを押しに行く約束だったのに、2人ともすっかり忘れてしまいまして。

    130625-3.jpg

    2曲目が終わったあたりで思い出したので、小声で岡さんに「せっかくセットしたのに忘れちゃいましたね」とささやいたら「何が?」みたいな顔をされ、「いや、ビデオですよ」と言ったらそこではじめて、ハッ!と驚いておりました。どんだけ綺麗さっぱり忘れるんだろうこの人は、と思いました。まぁ、新しいバンドでライブをするというのは、やはり緊張するもんです。

    130625-4.jpg

    それはともかく、なんとかかたちになったみたいで良かったです。なんかすげー盛り上がってたし。慣れないスカイプでミーティングしたり、大吉を連れてリビングリハ(アイデアや構成をざっくり決める会)をしに『まこ邸』に行ったりしておいて良かった(今日の写真はそのときのもの)。というわけで「The Sambals」の今後の予定はまったく未定ですが、またの機会があればぜひ。

    130625-5.jpg

    そうそう、『犬のはなし』も更新されております。















    <サンバル通信>

    130625-6.jpg

    そんなわけで、ライブ映像は残っていないのですが、奇跡的にドラムのたけしさんのご友人が携帯で撮影してくれていたものをyoutubeにアップしてくれました。といっても、携帯マイクの入力レベルをはるかに超える音量だったため、ずっとビービーいってて、何やってるかわからないと思います。

    130625-7.jpg

    しかも頭から最後まであるのは4曲目だけで、あとは全部途中だけです(特に3曲目の音の割れ方が酷い、変態ベーシストの音圧恐るべし)。なので実際の音とは全然違いますが、なんとなく雰囲気だけでも。なぜかここに貼り付けられないので、興味のある方は『コチラ』で見てください。以上、サンバル通信でした。


    (追伸)
    ライブ当日の映像を持っている方は『コチラ』に送っていただけると、大変嬉しいです。



    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク