• The Sambals忘年会

    121229-1.jpg

    昨夜は、「The Sambals」の忘年会だった。ちなみにこのバンド、結成してからまだ一度もスタジオに入ったことがない。そもそもギター×2+ベースで何ができるのか。今後について話合う必要があるということで集まったのだった。そのために6時間煮込んだ鳥鍋を用意した。

    121229-2.jpg

    サブステージ(ちゃぶ台)では、岡さんが持参してきた「室内用炭火焼きセット」で焼いたら美味そうなものを焼く。ちなみに岡さんはこれを買ってからまだ一度も使ったことがないという。

    121229-3.jpg

    そしたら案の定、部屋中煙がもうもうとたちこめる。やっぱり。これのどこが「室内用」なんよ。しかも換気のために窓を開け放つが寒くてしょうがない。しまいには警報機までなる始末。

    121229-4.jpg

    でも我が家はフリーダムだから問題なし。

    121229-7.jpg

    相変わらす酔うと勝手に「俺のベース」を弾くセキグチさん。この一週間ほどの間にこの人とは3回くらい飲んでいるけれども、毎回同じ話をしている気がする。昨夜は岡さんも加わってなぜかまたもや「ゴダイゴは別格」という話になり「モンキーマジック」を大音量で聴き「THANK YOU,BABY」で西遊記の夏目雅子は最高だったと熱く語らう。

    121229-5.jpg

    さらに「実は海外ではYMOよりゴダイゴの方が売れたんだよ、これ豆な」という岡さんの言葉に一同どよめく。

    121229-6.jpg

    結局「The Sambals」の今後についての話は一切しなかった。




    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク