• 仕事の姿勢

    少し前に依頼があって、あるロックバンドについて一本原稿を書くことになった。喜んで引き受けたんだけれど、いざ書き始めたらどうも記憶が曖昧なところがある。たしかあんなこと言ってた気がするんだけど、どうだっけ、となった。そこで家にあるDVDで再度確認してみることにした。

    120314-1.jpg

    が、普通にぼけーっとテレビを見ていると思ったのだろう。そんな暇あったら遊んでくれよといわんばかりに、大吉がちょっかいを出してくる。それを無視して検証を続ける。どこだっけ。たしかここらでスゲー馬鹿なこと言ってたはずなんだが。もっと先か。忘れないようにメモも用意して注意深く見ていく。

    120314-2.jpg

    次々に早送りしてもいいのだが、大好きなバンドなので、思わず手を止めて見入ってしまったりする。しかも夜酒を飲みながらなので、だんだんどうでも良くなってきて普通に見てしまう。いかんいかん、さっきの台詞一応メモっとこ、と巻き戻す。ということを繰り返す。その横で大吉はずっとこんな感じ。

    120314-3.jpg

    犬には理解できないかもしれないが、これは仕事だ。酒飲んで画面を眺めているようにしか見えないかもしれないが、これも仕事の一貫なのだ。いつも適当なことばかり書いているようで、実はその裏ではこうしてきっちり資料に目を通し、取材をして、裏付けを取る。そうした姿勢が肝心なのだ。たとえ家で酒飲みながらであっても、だ。ということを大吉に言って聞かせた。

    120314-4.jpg

    わかってくれたようだった。








    <追伸>
    結局何度見返しても引用したかった台詞が見つけられなかったので、酔って忘れてるだけかと思ったら、実は昔と今では訳が違って字幕も変わっていることが判明したのだった。それに気付くまでに四日間かかったという。この記事は近いうちにどこかに掲載されると思います。まだ書き終わってないんだけど。

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2019年11月号 Vol.112

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク