• 苦手なもの

    どうも、お久しぶりです。手術も無事終わり、週末に退院しました。折れたところをボルトで固定したので、右肩に若干の違和感がありますが、まぁ元気です。こうして文字も打てます。それにしても人生初の入院&手術でしたが、改めて自分の苦手とするものが認識できたような気がします。

    そのひとつが注射。以前から薄々気付いてはいたが、どうやら注射が本気で苦手っぽい。苦手というより、恐いみたい。痛さより尖ったものが自分の体に刺さることが恐怖なのかもしれない。とにかく恐い。そのびびりっぷりたるや、小学生のごとし。まず、入院早々点滴の準備をする看護師さんに「あの、それって、どうしても打たないといけないんですか?」と怯えまくる。

    「点滴しないと、脱水症状になったら困るでしょ」といわれると「じゃあ、水飲みますから」と食い下がり「それが駄目だから前日から絶食してもらってるんでしょ」とたしなめられる。それで面白がったのか「この針は太いですよー、刺すところ、見ます?」とより恐怖心を煽ってくる看護師さん。屈辱に耐えながら、思い切り顔を背ける。その後も採血やなんやかんや何度も注射されるが、一度も直視できず。

    そのわりには、手術が終わって全身麻酔から覚めた際に「痛み止めは……、坐薬じゃなくて……、注射にしてください…、坐薬は……、嫌なんです…、お願いです…、お願いですから」といったらしい。意識が朦朧としていたので覚えていないが、うわごとのようにそう繰り返していたんだそうな。「覚醒した瞬間からあんなに自己主張する人も珍しいですよ」と後で先生に笑われた。看護師さんたちにも、笑われた。

    100621-1.jpg

    いろいろな意味で、恥ずかしい入院生活でした。







    <お知らせ>
    『ウーマンオンライン』に連載引っ越しの挨拶文が掲載されました。


    <連載>
    『A・S・O・M』がアップされました。

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク