• 一歩前進

    数年前に「結婚しないの? このまま富士丸と反省の人生を歩むの?」という意味不明の大変失礼なメールをよこした女友達から、つい最近「CDブック買ったよー! 子どもが言うこと聞かずイライラしたときに聴くと少し気持ちが落ち着くわー」というようなメールが届いた。

    「それは良かったありがと」と返事をしながら、なんか変なの、と思った。そうか、あいつも今では母親なのか。若い頃はあんなに馬鹿だったやつが、子どもを叱ったりするのか。叱れんだろうよお前には、と思ったり。それでも今ではひとりの母親として、それなりに頑張っとるんだろうな。凄いなーと思った。

    とりあえず、毎晩酒を飲んで、まとめて借りてきたDVDのうち、半分は結末を知らずに返却する、ということを繰り返している場合ではないなと強く思った。そう心に誓って昨夜はB級ホラー映画に挑み、なんとか最後まで見ることに成功した。しかしあまりにくだらない結末に、これなら見ても見なくてもどっちでも良かったんじゃないかと思った。それでも、一歩前進したような気がした。

    100604-1.jpg

    同時に、もの凄くレベルの低い一歩だなと思った。






    <連載>
    『A・S・O・M』は本日夜に更新予定です。
    今回はおでかけにピッタリの一枚を。

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク