• ASOM企画始動

    先日報告させていただいた『CD BOOK』ですが、水面下では着々と進んでおり、進んでいないのは原稿だけ、という状況なんですが、この度、心強い助っ人が加わってくれることになりました。

    その人とは、富士丸がきっかけで出会い、『対談』なんかもさせていただいた『不思議顔のまこ』でおなじみの岡さん。この企画が持ち上がった当初からデザイナーは音楽好きで、できれば同年代の人がいいという意見で全員一致していたんですが、さてどうしようとなり、「うまい店があるんですよ」といきつけの蕎麦屋へ誘い出し、口説き落としたという。

    実際は話をした段階で「面白そうだからぜひやりたい」と快諾してくださったんですが。しかもデザイナー兼カメラマンとして。いやー、思いきってお願いしてよかったです。というわけで、岡さんも加わったチームでジャケ写のロケハン(そこから自分たちでやる)などをしているところです。原稿そっちのけで。

    そんな感じですが、凄くいい仕上がりになりそうな予感が今からしています。興味のある方はどうぞお楽しみに。と、こういうことを書いて自分を更に追い込むのは悪い癖だと思っています。大丈夫か、俺。






    <連載>
    『はじめての青色申告』第4回が更新されました。

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク