• 幸福祈願

    この間、よく行く近所のスーパーでいそいそと買い物をしていると、間延びした声でこのようなアナウンスが流れてきた。

    「本日はー、○○へお越しくださりー、誠にありがとうございますー。当店ではー、2010年の皆さまの幸福を願いましてー、福豆(自社ブランド)をご用意したのですがー、気合いを入れすぎてしまったためー、作りすぎてしまいましたー。つきましてはー、お一人様おひとつずつご購入してくださるとー、在庫が減りまーす。何とぞー、ご協力くださーい」

    それを聞いた瞬間思わず「知らんがなっ!」と突っ込んでしまった。心の中でだけど。しかしそれにしても、なんだよそれは。そんなもんあんたらがサジ加減間違えただけやないの。何よ、その気合いを入れすぎたっていう言い訳は。なんか好きだけど。でもなんでそれを俺が買わにゃならんのよ、と思いながらレジへ進むと、その隣にうず高く積み上げられた問題の福豆(ピーナッツ)を発見。なるほど、確かに作りすぎだわ……。価格は100円。

    うーん、どうしたものか。頑張ってこの値段まで下げたんだろうし、このご時世、在庫かかえたらそりゃ大変だろうし、この店潰れたら嫌だし、ビールのアテにもなるし、まぁひとつくらいならいいか、と買い物カゴへぽとんと入れた。何より、幸福祈願だしね。

    というわけで、今年の幸せは保証されたも同然なのでした。
    いったい何にすがっているんだろう、俺は。


    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  Another Daysの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

スポンサードリンク

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2020年2月号 Vol.113

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

関連サイト

いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)


(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

スポンサードリンク