FC2ブログ

皮に対する熱い想い


190807-1.jpg

『炭火焼鳥大福』の皮について。同じ鶏皮でも、焼鳥屋によって味がかなり違うのはご存知だと思う。ぷよぷよしている店もあれば、カリっとしている店もある。私の好みは断然後者で、塩は強気なくらいがいい。その違いは焼きではなく、仕込みにあることに気がついた。

190807-2.jpg

色々試してみたが、肉屋やスーパーで売っている鶏皮は部位のせいで分厚くてどうしても食感が少しぷよっとする。これは下茹でして余分な脂を落としてもあまり変わらない。しかし、このようにモモ肉(またはムネ肉)に付いている皮を剥いで下茹ですると、薄くてカリッと焼ける。

190807-3.jpg

茹でた皮をちょうどいい幅で切り、串を打つとこんな感じになる(右側)。しかしどうしても端切れが出る(仕込み写真の左上)。

190807-10.jpg

大吉はそれを知っていて、ずっと「皮仕込んでるよね?ということは端切れが出るよね?それ、くれるんだよね?」と目で待ち構えている。なぜか茹でた皮が大好きらしい。

190807-4.jpg

はいはい、端切れは使えないし、あげるよ。

190807-5.jpg

皮を仕込み終わると、だいたいいつもこうなる。恐るべき洞察力。なぜ自分の都合のいいことだけ学習能力が高いのか。



















<補足>
190807-6.jpg

あとは岩塩を少し強気に振って焼く。焼きすぎず、外側がカリッとしていて、噛むとほんの少しだけジューシーなポイントを見極める。

190807-7.jpg

とかいいつつ、ちょっと焦がしてしまった。

190807-8.jpg

焼鳥は奥が深いよねぇ。

190807-9.jpg

引き続き頑張って修行します。








<お知らせ2>
デロリアンズショップで「再入荷通知」が出来るようになりました。
詳しくは『DeLoblog』をご覧ください。

あと、デロリアンズ通信Vol.490を配信しました。




コメントの投稿

非公開コメント

修行は大事よね。

皆がお店を待ちわびて、
そろそろ・・・という頃あいに、「もう焼き鳥は飽きてきた」とか、
言いそうな父ちゃん。


No title

大吉君、狙ってるねー

父ちゃんの修行の成果のメニューの数々
うんまそーです♪

No title

う・ま・そ!!
ビール党ではないけど、ビールに合いそう♬
今でも、もう、売れるのでは!
食べたい、強気の塩。

滝クリ結婚!!

父ちゃん、大変です(笑)

とうとう浅野撚糸さんまでが、NHKの番組に。。!

焦げ目が好き♪

焼き鳥、ご飯、ピザトーストの焦げ目が特に好きです。 焦げ目、大歓迎! メニューに、焦げ目付って入れてほしいです♪

黄身は最後に

いつも楽しみにみております。

焼き鳥丼を見ていて思っていたのですが
卵の黄身は海苔を敷いた上に落とすと
黄色が栄えて、より美味しそうに見えますよ。

No title

大ちゃん本当に皮すきなのね。福ちやんが食べてるの覗くみたいに見てる顔可愛い。

見てるだけで

は、耐えられなくなって、焼鳥用に七輪調達してしまいました(*´-`)
鶏皮好きで、よくモモとかムネから剥がしては鶏皮せんべいにしてたんですが、串に刺さった鶏皮の美味しそうなこと!笑
たまらず修行をはじめました!

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2019年8月号 Vol.111

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

DeLoreans Shop おすすめ商品
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)



(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

当サイトはリンクフリーです。
(画像の無断転載はご遠慮ください)